FC2ブログ
    1. » All Archives

    2.            
    ミライの授業

    ミライの授業posted with ヨメレバ瀧本 哲...

    制度的前提の特徴:個人への分配可能性

    新古典派理論の第三の前提としてあげなけれ...

    制度的前提の特徴:報酬

    新古典派理論の第二の前提は報酬にかんする...

    制度的前提の特徴:生産手段の私有制

    新古典派理論は、純粋な分権的市場制度を通...

    外部不経済:external dis-economies

    ある経済活動が、第三者あるいは社会全体に...

    自動車と大気汚染

    大気汚染の問題はとくに1960年代を通じて深...

    社会的費用の内部化

    社会的費用の内部化は、結局、歩行、健康、...

    自動車の社会的費用と新古典派経済学の問題点:人間の捉え方

    新古典派理論では人間をたんに労働を提供す...

    自動車の社会的費用と新古典派経済学の問題点:前提となる理論的フレームワーク

    新古典派の理論は、厳密に純粋な意味におけ...

    観光道路の矛盾

    もともと観光道路は自然の美しさを求めて建...

    自動車と犯罪

    さらに指摘しなければならないのは、自動車...

    自動車の社会的費用

    自動車の社会的費用 (岩波新書 青版 B-47)p...

    海外旅行と大使館

    外国では、街でなにかあったときに、市民が...

    自分の原点を象徴するモノや証を身近に置く

    本来の自分を見失ったときは、「原点に帰れ...

    貧は世界の福の神

    「貧は世界の福の神」ということわざがある...

    教行一致(きょうぎょういっち)

    天台宗には「教行一致」という言葉があって...

    身口意三業(しんくいさんごう)

    僕ら行者は、「常行三昧(じょうぎょうざん...

    先義後利(せんぎこうり)

    僕は、「先に義する者は栄える」という話を...

    先に利する者は必ず滅びる。先に義する者は栄える

    お金儲けをするなら、人間としての道理を先...

    知識よりも実践

    口先だけの知識で終わらせないためにも、な...

    自分で幸せな方向へ歩いていく

    空いてや状況にこだわらず、自分で幸せなほ...

    今できることをやればいい

    今できることをやればいいposted with ヨメ...

    数息観

    集中力がつかみにくいなと思ったら、一つ、...

    身口意三業相応(しんくいさんごうそうおう):呼吸と心と体の一致

    行の最中に呼吸を正常にすると、体の動きが...

    基本を大事に続ける、それは簡単なこと

    基本を大事にして、続けるということが大切...

    自分の存在や今日を大切に生き切る

    要するにこだわらないで、一生懸命自分たち...

    自分の原点を持ち、本線を歩く

    原点を持っていれば、自分を見失うこともな...

    心の操縦法

    だから、現実にとらわれることから離れなき...

    人間フル回転で生きる

    やっぱり、長生きをしていればいろんなこと...

    一日が一生

    そうやって、僕も草鞋を脱いで元の姿に戻る...

    とっさの瞬間に先に行けるかどうかが分かれ道

    行をしている最中に、「もう死んじゃうのと...

    ムダなことなどひとつもない

    ムダなことなどひとつもないposted with ヨ...

    出世のタイミング:周りから催促されるような状況がベスト

    けっきょくのところ、早くてもおそくても、...

    ただこの一念、つまり、ひたすらな思い

    けっきょくのところ重要なのは、現在の一念...

    判断の速さ:七呼吸のあいだに思案せよ

    こだわりなく、さわやかに、凛とした気持ち...

    水増せば船高し:困難に出会ったら喜ぶべき

    たいへん困難なことに出会っても、気を転倒...

    倹約よりも義理を重んじる

    また、若い人が倹約心などあるのを、よいや...

    相手に意見を伝える時は細心の注意を払う

    意見というのは、まず、その人がそれをうけ...

    毎日、朝夕に死を覚悟することが必要

    とにかく、武士道をきわめるためには、朝夕...

    自殺と病死と宿命と意思

    しかし、自由意志の極致のあらわれと見られ...

    「葉隠」の説く死と山本常朝の死

    「葉隠」は一応、選びうる行為としての死へ...

    エピクロスの哲理

    したがって、エピクロスは、キュレネ学派と...

    大思想と小思想

    思想は覚悟である。覚悟は長年にわたって日...

    高慢と行動のエネルギー

    これが、人間の行動の大きな源泉的な力にな...

    生と死の二面性を持つ哲学「葉隠」

    「人間一生誠に纔(わずか)の事なり。好い...

    主体の行動が第一優先される

    第一に行動哲学という点では、「葉隠」はい...

    「葉隠」の概要と成立:「葉隠聞書」、「鍋島論語」

    「葉隠聞書」という本は、そもそも座談の筆...

    死と生のコントラスト

    毎日死を心に当てることは、毎日生を心に当...

    葉隠入門

    葉隠入門 (新潮文庫)posted with ヨメレバ...

    情報化時代の著作権法制の課題

    情報化時代においては情報の財として価値が...

    プラーゲ旋風とは

    昭和6(1931)年に突如ドイツ人ヴィルヘル...

    知的財産法:情報の開発や創作へのインセンティブを保護するための法

    そこで、著作権法をはじめとする知的財産法...

    著作権は50年、特許権は20年の保護期間

    著作物は個性こそが重要であり、模倣だけが...

    原著作者と翻案者の権利

    ちなみに、翻案においては、原著作物を改変...

    著作者の構成

    著作者の権利◯著作権(財産権)複製権(21...

    著作権は支分権の集まり

    著作権とは、所有権のような単一の権利では...

    知的財産と所有権

    「所有権」とは「物」についての絶対的な支...

    知的財産法とは、関連した法律の総称

    なお、知的財産法といっても、「民法」や「...

    知的財産と法

    知的財産とは、不当な模倣からママられてい...

    著作権法による「制作」と「製作」の違い

    著作権法では現実に創作的な行為をなすこと...

    マルチメディアと著作権

    マルチメディアと著作権 (岩波新書)posted ...

    コンテンツの質とコンテンツ制作者の認知度、信頼度の関係

    なぜならばコンテンツに課金するうえで、決...

    「おカネを払う」=「コンテンツ制作者への返信」

    大多数の一般人にとっては、「おカネを払う...

    人間の怠惰と課金の継続

    この「放っておけば課金が続く」という状態...

    新規サービスに対する自らの反応を検証する

    新規サービスに対して「こんなの本物の◯◯で...

    ドリルを買いにきたお客は何を求めているのか?

    「ドリルそのものではなく、ドリルによって...

    エルメスのコア・コンピタンス(「自社ならでは」の競争優位の厳選)の変化

    エルメスも実に興味深い会社なのですが、そ...

    Editorial Integrity:メディアの編集上の高潔さ、信頼感

    この「高潔さ」は、一朝一夕に獲得すること...

    「オウンドメディア」の欠陥

    「オウンドメディア」には、深刻な構造的欠...

    長期的に俯瞰すると絶対に守らなければならない原則

    「メディアは取材対象との間で、経済的な利...

    ブランドとは、消費者からの尊敬や信頼から成立する

    メディア業の提供物は、手に取って触れたり...

    営利事業とドストエフスキーの言葉「貨幣とは鋳造された自由である」

    数字に強く、抜け目のない感覚を発揮するこ...

    MECE(Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive):相互に排他的であり全体として余す所なく

    少なくとも編集責任者・事業責任者暮らすに...

    メディア編集者にとっての読者「ペルソナ」の設定

    あくまで「一人の生活者」として、電車の積...

    メディアに関わる人間に必須のスキル

    しっかりとした方向感覚を持ち、デバイス環...

    コントロールの範囲と編集の負う責任

    自社が意思を持って編集しようとしている「...

    メディアの責任と権威

    審査員の人材育成プロセスから、誌面に掲載...

    メディアの予言実現性

    つまりは誤報スレスレのいわゆる飛ばし記事...

    観察者=メディア、対象=コンテンツやテーマ:星と天文学者の関係

    発見された星それ自体は、ずっと以前から夜...

    世界最大の社内報・米軍の機関紙「STARS AND STRIPES」

    「スターズ・アンド・ストライプス」は、ほ...

    投資家ジョージ・ソロスの「再帰性」

    ファンダメンタル(実体あるいは事実)が、...

    MEDIA MAKERS

    MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体p...

    十九字布字観:不動明王に成り切るプロセス

    「観想せよ。聖無動尊布字秘密の法なり。十...

    大日如来の化身の流れ

    大日如来の衆生済度(しゅじょうさいど)へ...

    不動明王の19の特徴:その19

    最後は、なんと不動明王は矜羯羅童子(こん...

    不動明王の19の特徴:その18・倶利迦羅竜王から智竜火剣へ

    昔、不動明王が95種の外道と論争した折、明...

    不動明王の19の特徴:その17・火生三昧と迦楼羅炎(かるらえん)

    迦楼羅はガルーダのこと。インド文化圏の神...

    不動明王の19の特徴:その16

    奮いたつような激しい怒りのさまは、威猛そ...

    不動明王の19の特徴:その15

    『聖不動明王立印念誦儀』には「色醜ク青黒...

    不動明王の19の特徴:その14・大岩の上に坐っている

    人々にとって、仏道修行に励み悟りを得るの...

    不動明王の19の特徴:その13・行者の残食を食べる不動明王

    つまり、縛ってでも智慧の剣によって煩悩を...

    不動明王の19の特徴:その12

    左手に羂索(けんさく)、縄を持っている。...

    不動明王の19の特徴:その11

    右手に剣を持っている。人々の現在の三毒煩...

    不動明王の19の特徴:その10

    口を閉じている。戯論(けろん)といって無...

    不動明王の19の特徴:その9

    下の歯が上の右唇をかみ、上の歯は下唇をか...

    不動明王の19の特徴:その8

    左目を閉じている。実際の不動明王像は、絵...

    不動明王の19の特徴:その7

    額にシワが波のように刻まれている。六道を...

    不動明王の19の特徴:その6

    弁髪が左に垂れている。不動明王がすべての...

    不動明王の19の特徴:その5・頭髪が7個の束になっている理由

    これは七覚支を現わす。七覚支とは悟りへと...

    不動明王の19の特徴:その4

    本来は如来の使者であっても、実質的には行...

    不動明王の19の特徴:その3

    まず、不動明王は火炎を背負っている。それ...

    不動明王の19の特徴:その2

    大日如来はじめ、過去現在未来にわたる諸仏...

    不動明王の19の特徴:その1

    つまり、大日如来の化身したものが不動明王...

    火定した尼僧:慧春尼(えしゅんに)

    火定した尼僧もいた。15世紀前半、室町時代...

    喜見菩薩

    喜見菩薩とは誰か。それは法華経薬王菩薩本...

    日本における火定の伝統

    日本にも火定の伝統があり、平安中期以降、...

    火定(かじょう)という捨身

    文字通り、火中に身を焼いて入定するのであ...

    侍真の語義

    侍真の語義は、伝教大師すなわり最澄の真影...

    藤田庄市『異界を駈ける』

    酒井雄哉師や他の霊山の千日回峰については...

    千日回峰は厳密には、975日の行:その深遠な理由

    25日間は故意に残す。何故か。一生をかけて...

    京都大廻りのコース

    赤山禅院――旧白川通り――真如堂――平安神宮――...

    葉上照澄『回峰行のこころ――わが道心』

    「これほど科学的であって、これほど深い宗...

    千日回峰行の日程

    千日といっても、ぶっ続けに回峰をするわけ...

    比叡山の神宮寺(跡):最澄生誕ゆかりの地

    今は小さな祠があるだけのちょっとした山中...

    比叡山の三大地獄

    浄土院の掃除地獄、横川の看経地獄、そして...

    聖徳太子の伝説が残る椿堂

    はかない感じの小さなお堂に出た。椿堂だ。...

    根本中堂にある2つの竹林:「筠篠竹林」「𥵫篠竹林」

    拝観すればすぐに気づくが、根本中堂に足を...

    回峰行の概要:東塔、西塔、横川の三塔と十六谷

    回峰行はこの三塔をめぐり、さらに麓の日吉...

    回峰行者と白色の服装:死装束

    それよりも、死を、筒井師らが決定的に意識...

    比叡山の三部諸尊と曼荼羅の世界

    冒頭にある三部諸尊の峰の三部とは、比叡山...

    相応和尚の夢のお告げと巡礼・回峰行

    「わが比叡の山は三部諸尊の峰である。この...

    『行門還源記』を著した重華による回峰行の権威づけ

    回峰行はただ比叡山を歩くのみではない。諸...

    「回峰」という言葉

    「回峰」の経典的意味づけも『北嶺行門記』...

    横川から下った飯室谷(いむろだに)にある不動明王を祀るお堂

    近年は酒井雄哉師のいる寺として、師の千日...

    相応和尚が刻んだ3つの不動明王の像

    この相応が滝で抱きついた流木は3つに切ら...

    大納言・藤原良相(よしみ)から円仁に僧侶の紹介の申し出

    円仁は相応を推す。「汝、縁の相応するとこ...

    回峰行の起源

    15歳の時、相応は比叡山に登り鎮操という僧...

    行とは何か

    行とは何か (新潮選書)posted with ヨメレ...

    トヨタと大野耐一の出発点

    それは労働者も経営者も、作業員も管理員も...

    工人たちの武士道

    それは、質実剛健ではあるが精神主義におち...

    武士とは戦時には闘い、平時は模範となる者

    もう少し歴史をさかのぼれば、江戸初期の、...

    『葉隠』は「死」、『五輪書』は「殺」

    『葉隠』は死ねといい、『五輪書』は殺せと...

    トヨタ・システムは日本の「文化様式」

    つまり、トヨタ・システムとは、単純な知識...

    大野耐一の弟子:池渕の海外でのエピソード

    「ファミリー・デイというものをつくって、...

    シビックと本田宗一郎と大野耐一

    宗一郎は空冷エンジンに固執し、シビックの...

    トヨタの真価

    他社が車を売る心配をしているときに、大野...

    トヨタに迫るコンピューター化の波

    ところが自動機械を導入しても、作業が減る...

    下請けは「系列」、外注は「外製」

    トヨタでは下請けという言葉を使わず系列と...

    1961年(昭和36年)のトヨタ

    すでに英二と大野の時代がきていた。また経...

    なぜ?を5回繰り返す

    大野はどんなにレア・ケースであっても、必...

    理屈と矛盾

    人間は理屈では動かないものだ。人間を動か...

    カンバン方式の鉄則

    「カンバンに指示されている以上の部品を引...

    大野耐一の信念、思想

    「それぞれの工程で完全につくれば、製品検...

    大野耐一の読書

    大野が吉川英治の『太閤記』とか『宮本武蔵...

    豊田喜一郎が唱えたジャスト・イン・タイム

    大野は考えた。歩きながら考えた。<スーパ...

    スーパーマーケットの販売方法から得られたヒント

    大野は黙り込んで考えていた。<つくったも...

    血の遺伝子と知の遺伝子

    人間は、他の動物とは違って、その先祖と社...

    石田退三と盛田昭夫

    東京では、あいかわらず旧財閥系の企業が跋...

    石田退三と松下幸之助

    財界活動は大嫌い、「わしの仕事は銭儲けや...

    1948年(昭和23年)、「カンバン方式」の萌芽

    昭和23年、大野は早くも、前の工程が次の工...

    合理的な、力学の世界:戦争とスポーツ

    日本人はこの分野に精神論をもち込むのが好...

    列強各国の技術:輸送機関

    蒸気機関はイギリスで生まれ、蒸気で走る自...

    節目の年、1936年(昭和11年)

    佐吉夫人、浅子が死去する。「喜一郎が乞食...

    トヨタグループの社是

    一、上下一致 至誠業務に服し 産業報国の...

    明治と大正の時代精神:立志と煩悶

    漱石晩年の小説は、知識人の狂的なほどの「...

    トヨタの創始者・豊田佐吉と発明

    発明というものは、一つのアイディアを実現...

    大野耐一 工人たちの武士道

    大野耐一 工人たちの武士道―トヨタ・システ...

    トップと集団の心理学:大丈夫だとは言わずに具体的な指示を出す

    藤沢がアメリカに飛んで行ったけれども、今...

    世界の消費経済の動向を知る

    というのは、世界の消費経済はアメリカから...

    ホンダの輸出を担った川島喜八郎

    それが32年(1957年)になると、ようやく本...

    パイプは苦労しても自ら作る

    苦労しても、パイプは自分でつくらなければ...

    判定を各々に任せて、誇りを持たせる

    しかし、大多数の店では、ユーザーに対し責...

    人のモノ、お金を利用しない=たいまつは自分で持て

    “たいまつは自分で持て”と私はしばしばいっ...

    住民に納得をしてもらう

    そういう経験をしたもので、次に鈴鹿の用地...

    私の経営信条

    私の経営信条は、すべてシンプルにするとい...

    借入金と銀行

    貸さないところに借りに行くバカはいない。...

    創設者の組織づくり

    やならなければ迷惑をこうむる人はいないけ...

    重役とは

    では、重役とは一体なんだろうかといえば、...

    “人間に一番たまらない苦痛は何か”と聞かれれば

    “する仕事のないことだ”と私は答える。する...

    複数の知恵で本田宗一郎ひとりよりもプラスへ

    そこで、複数の知恵を集めれば、本田一人よ...

    万物流転の掟

    世の中には万物流転の法則がおあり、どんな...

    管理と好循環

    良い管理はつぎの良い管理へとつながるし、...

    技術力と営業力の両輪のバランス

    本田技研において、国家の軍事力に相当する...

    清沢洌『日本外交史』

    清沢洌という人が『日本外交史』という本を...

    金儲けと経営理論

    生産企業は生産企業なんですから、為替差益...

    知識と時代の潮流

    古い知識をいまふりまわしたら時代に取り残...

    商売の鉄則と鈴鹿サーキット

    だから、鈴鹿でみんなにいったことは、帰り...

    ホンダの経営とは

    中国文学の吉川幸次郎先生が、「経営の経の...

    人と人との触れ合いの基本:家庭を大切にする人間

    私は人間を判断するときには、その人の家庭...

    浜松は本田宗一郎を逃した

    浜松の人はみんな彼を逃してしまったのです...

    経営に終わりはない

    経営に終わりはない (文春文庫)posted with...

    愛がわれわれに教えるもの

    われわれ――個別的に言えばわれわれのひとり...

    愛と生命

    実際、われわれは、個人としてのみでははく...

    禅は既に目の前にある事実

    禅は何も隠すところがない。一切が現前して...

    禅=生命そのもの

    実際、禅は生命そのものであるから、生命の...

    天皇道吾の言葉

    「見ようと欲するならば、ただちに見よ。だ...

    言葉と生命と禅

    言葉で行う表示は、思想による説明である。...

    玄沙師備の言葉の解説

    「私の自己とは何でしょうか」と問うた時、...

    玄沙師備の言葉

    玄沙は言う、「われらは大海の中で、頭も肩...

    禅は生きた事実である

    だからそれは、生きた事実が扱われるところ...

    禅は現実の只中に飛び込む事

    つまり、知力によらず、分析によらず、また...

    真実と悟りの生を生きるには知性の重荷を捨てる

    心は普通さまざまの知性の戯言や感情のがら...

    同じ高さに到達しなければ理解できない言葉

    だから、われわれ自身が禅匠たちと同じ高さ...

    知性は時に矛盾や混乱を起こすが、禅はより高い統一で調和する

    禅には人間の存在の本性を直指する独自の道...

    禅の四つの声明:四大声明

    教外別伝(経典のほかの特別の伝え)不立文...

    自己の体験の本質:事実に素手で触れる

    自己の体験というのは、直接に事実に到るこ...

    禅 鈴木大拙

    禅 (ちくま文庫)posted with ヨメレバ鈴木 ...

    アクシデントが起きても、マイペースに

    しかし、アクシデントでイライラするのが最...

    凡人は着実に長期的に

    お金を循環さ焦ることを考えながら10年単位...

    ノーベル経済学賞受賞者・人工知能の父:ハーバート・A・サイモンの言葉「10年」

    「私が行なった研究では、誰でも10年がんば...

    納税と節税への対応

    確かに税金の使われ方の問題はある。しかし...

    本当に好きな事を続ける。お金はその次くらい。

    「金銭にこだわりすぎるゴルファーは三年、...

    井原西鶴の「長者丸」と称した方針

    「朝起き5両、家職20両、夜詰め8両、始末10...

    実行した人:本多静六、安田善次郎

    「貯金は誰がやっても同じ結果になる」本多...

    安田善次郎の語る「自らの向上と豊臣秀吉」

    善次郎は、豊臣秀吉の話を引用しながら「秀...

    ロジカルとエモーショナルの隙間

    このマトリックス表を作ってみて思ったが、...

    みんなが同じことを言う時には注意する

    みんなが決まったように同じことを言うとき...

    支出の平準化:確定している支出を積み立てる

    定期積金を利用して、必ずわかっている出費...

    お金の現実

    お金の現実posted with ヨメレバ岡本 吏郎 ...

    「情報リテラシー」=自らの「情報空間」を築く⇒自らの聖域であり財産

    「情報リテラシー」というのは、機器の使い...

    本の購入基準:良くない本の見分け方

    どんな本でもそうだが、立ち読みして二ペー...

    統計とバイアスの例

    自殺という人の死に関わる問題でも、警察庁...

    引用文の利用法

    引用しっぱなしにしないで、その著者の文章...

    研究機関の論文集を読む

    市販される本では、流通の都合上、ある程度...

    Barnes&Noble

    アメリカ最大の書店のweb。他の吸収して成...

    芋づる式検索法:巻末の引用・索引を辿っていく

    このようにして集めると、集めていくうちに...

    本を読むこと=自分の考え方を読むこと

    そもそも自分の考えがなくては、他人の本や...

    指導教員、友人など別の人間の頭も利用する

    相手の迷惑を顧みずにおこなうくらいの方が...

    先行研究の論者の概念や事象、前提を問い直す

    先行研究の批判的検討においては、その論者...

    論文の手法

    「『論』文」は、そうした勉強なり実験の結...

    副題の付け方

    副題をつけるときは、主題にせまる方法など...

    頭だけでなく目や手で考える

    私たちは、案外「頭だけ」では考えられない...

    索引は用語マップ:索引から調べる手掛かりとする

    一冊だけの専門の事典でも必ず最後の方に索...

    先行研究論文を数多く集める

    論文は、先行研究を批判的に乗り越えること...

    「常識を疑え」という原則

    論文は、この「常識」との闘いであるともい...

    「知っているつもり」「常識」を疑え

    この「知っているつもり」とか「常識」とい...

    注釈と引用・参考文献の章末・巻末での一括表記のきまり

    実際、この表記法は大変難しく、日本では科...

    括弧の名称

    括弧の名称は次の通り。これらの眼症を使う...

    「」の中の句点(。)

    引用文などの「」の最後には、句点(。)を...

    疑問符? 感嘆符! の使い方

    日本語(全角文字)で文末に疑問符や感嘆符...

    人物表記

    「氏」「女史」「先生」「教授」などの敬称...

    A4の書式の基本

    1ページを1行40字×30行=400字詰換算3枚で...

    大学生のためのレポート・論文術

    大学生のためのレポート・論文術 (講談社現...

    自分を書き手として育てる

    とにかく、まず大事なのは、書き続けるため...

    旅行ガイド:フランスはガリマール社、イギリスはキンダスレー・ドーリング

    ガリマールのものは、地図などは、いかにも...

    ロック:萩原健太、クラシック:宇野功芳、浅田彰、映画:中野翠

    こうしたガイドを各分野にもっていれば、か...

    賭博師も執筆者も自分自身の「フォーム」を確立させる

    そして、どんなにツイても、あるいはスラン...

    散歩で発想、散歩で思考をまとめる

    歩くことの、発想にかかわる効用は、先人た...

    書くこと、確信を持って、淡々と書き続けること

    こう云うと無責任に聞こえるかもしれません...

    批評家・保田與重郎(やすだ よじゅうろう、1910年~1981年)

    昭和の戦前期に一世を風靡した日本浪漫派の...

    書く仕事の流れ:体験⇒発想⇒執筆

    けれども、書くということは、ただ執筆をし...

    資料の情報と現場の情報から生まれる独自の視点・表現

    資料に埋もれ、抽象的な情報に浸っていると...

    情報から表現へ:現場に行くことで自分の枠から離れられる

    現場に行く、ということはありあまる情報を...

    ヘラルド・トリビューン

    業界の人が「ヘラトリ」と好んで呼ぶこの新...

    情報の料理法に価値がある

    私に必要であるのは、たいした情報ではない...

    情報を得る=能動的な行為

    高度の自発性、能動性が要求される行為であ...

    集めた資料は手書きでまとめる

    それをしっかりやっておけば、その時に頭に...

    翻訳書は原文を抜書きする

    翻訳の本についてですが、抜書きするほど気...

    シェフ澤口知之の母上の言葉:男の仕事

    彼の母上は私も尊敬しているのですが、こう...

    ひと月の執筆量:114,000字~120,000字(400字原稿用紙・280枚~300枚)

    月に300枚書くというのは、職業的物書きの...

    ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法

    ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法 (PHP...

    著作権を侵害する物品を輸入した者への措置

    税関長による処分(21条2項)罰則(関税法1...

    海賊版の輸入:知的財産権侵害商品の不正輸入

    関税法定率法では、輸入禁制品として、「特...

    TRIPS協定:Agreement on Trade-Related Aspects of Intellectual Property Rights

    WTOルールのいち部分を公正するもので、正...

    万国著作権条約(1952年):コピーライト表示「©・(C)」

    この条約の最大の特徴は©(C)表示の採用で...

    ベルヌ条約(1886年):「内国民待遇原則」

    ベルヌ条約では「内国民待遇原則」が確立さ...

    知的財産権保護に関する国際的調和

    知的財産権保護に関する国際機関として、世...

    悪質な場合には119条以下で刑事罰の規定も

    著作権法違反で警察又は検察に逮捕・起訴さ...

    著作権侵害への対抗手段

    差止め請求権(112条)名誉回復請求権(115...

    類似の程度:依拠性の証明

    この依拠性の証明を簡単にするため、トラッ...

    出版権者の義務

    自己の計算において著作物を複製、頒布する...

    商業レコードの二次使用と実演家の生演奏の機会損失

    放送業者または放送事業者が実演の過去に録...

    日本の著作権法で保護される著作物

    日本国民の著作物最初に日本国内において発...

    自由引用の要件

    公正な慣行に合致(引用の必然性)引用目的...

    公表された著作物の引用利用

    ただし、その条件として、(1)「公正な慣...

    私的録音録画補償金制度(30条2項)

    一般の個人が複製を行うたびに保証金を払う...

    著作権法の目的

     著作者等の権利の保護文化の発展に寄...

    著作権保護期間は原則、著作者の死後50年、映画は公表後70年

    ただし、これは実名で公表された著作物に関...

    著作者人格権;同一性保持権(20条)

    「著作者は、その著作物及びその題名の同一...

    公衆送信権の対象になるもの

    公衆送信=放送、有線放送、自動公衆送信自...

    公衆送信権(23条)

    著作者はその著作物について、公衆送信を行...

    広義の著作権:著作者人格権、著作財産権

    著作者人格権はその性質上「著作者の一身に...

    著作物性の要件:表現性、創作性、学術性

    著作権法は著作物について「思想又は感情を...

    日本の著作権法の始まり

    わが国における著作権法の始まりは意外に早...

    世界初の著作権法は、イギリス

    1709年に制定されたアン法(Statute of Ann...

    著作者人格権(公表権、氏名表示権、同一性保持権)

    著作者人格権とは、著作者が自己の著作物に...

    多くの権利から成り立つ著作権(bundle of rights:支分権の束)

    《著作物の複製に関する権利》複製権(21条...

    知的財産権保護の正当化根拠

    市場における公正な競争秩序の維持創作活動...

    知的財産

    知的財産とは、あくまでも利用時に経済的な...

    知的財産法

    たとえば、本は有体物であり、手に取って触...

    入門 著作権の教室

    入門 著作権の教室 (平凡社新書)posted wit...

    ジリ貧、行き詰まりに対して

    そうならないためには、「時代遅れになって...

    やめる時期:コストではなく付加価値に注目する

    ドラッカーは、「まだ数年は寿命がある」と...

    新規の顧客よりも既存の顧客を重視する

    ということは、新規のお客を開拓するよりも...

    リピート客をつくる

    出版社のダイヤモンド社が四年間にわたって...

    ウォルマートの創業者:サム・ウォルトンの万引き予防策

    サム・ウォルトンが観察したところによれば...

    ウォルマートの創業者:サム・ウォルトン

    サム・ウォルトンは次のコトバを残している...

    営業マンに必要な知識

    営業マンに必要な知識は、お客に買ってもら...

    マーケティングの第一人者:フィリップ・コトラー

    コトラーは「利益を上げることがマーケティ...

    アメリカの経済学者シュムペーター「創造的破壊」

    経済を発展させる理論をはじめて展開したの...

    お客の欲しいモノを作り、買い・売りしやすい仕組みを作る

    「作ったモノを売る」のではなく、売れる物...

    アサヒビールの改革:住友銀行の樋口廣太郎

    樋口社長は「企業の目的は売上高を増やすこ...

    価格は市場が決める

    価格はコストを会計して決まるものではなく...

    売りやすいものを作る!

    「良いものを安く作る」のではなく、お客が...

    イトーヨーカ堂創業者・伊藤雅俊の言葉

    「売上が落ちた時は街に出て、そこに行き交...

    利益は手間がかかって面倒なことから得られる

    お客が喜ぶサービスとは、売り手にとって「...

    お客を作ることが企業の目的である

    ピーター・ドラッカーが『現代の経営』を記...

    岩崎弥太郎:三菱の発展の歴史

    日本で最初で最大の起業家で、オーナー経営...

    上場企業のトップは、経営の専門職

    ドラッカーは、上場企業のトップは特権階級...

    企業を評価するモノサシ

    ROE(株主資本利益率、株主資本を使ってど...

    福沢諭吉と渋沢栄一の活躍:雇用創出

    明治以降福沢諭吉と渋沢栄一は会社設立に関...

    株式の売買の最初

    株式の売買は1612年(慶長16年)にアムステ...

    株式会社の原点は「オランダ東インド会社」

    膨大な人間の働く職場を生み出した、株式会...

    ドラッカーの実践経営哲学

    [新版]ドラッカーの実践経営哲学 (PHPビジ...

    英語の文法の推薦問題集『英語頻出問題総演習』

    教材は『即戦ゼミ3 英語頻出問題総演習』(...

    ロングセラーには理由がある

    最後に、なるべくロングセラーを選ぶこと。...

    最初に問題集を解かずに暗記

    各科ともある時期まで、自力で問題を解かな...

    模擬試験の活用法

    これは実力を試すためではない。あくまで暗...

    ハマトン『知的生活』

    イギリスの勉強術の大家ハマトンは『知的生...

    散歩の効果「歩きながらの思考法」

    ドイツの哲学者カントが、『純粋理性批判』...

    受験は要領

    難関大学も恐くない 受験は要領―たとえば、...

    社会科については『チャート式シリーズ』は特にお勧め

    政治経済だけでなく、日本史、世界史、チリ...

    記憶の手法

    ここで記憶に適したメモ作りの方法を伝授し...

    究極の記憶術=映像+喜怒哀楽の感情

    「映像記憶術」は、映像を処理する脳細胞も...

    順番に記憶する場合

    必ず、「前の映像の一部から次の映像が出現...

    映像に置き換えて記憶する

    私が是非とも皆さんにマスターしていただき...

    嘘アクビの効用

    「うそアクビ」だけで充分に体内の炭酸ガス...

    脳の活性化方法

    車窓の風景を眺めていますと、サッケイドと...

    やりたい時にやりたい勉強を

    なぜなら、やりたいときこそ、意欲をつかさ...

    胸式ではなく腹式呼吸で学習

    一方、腹式呼吸で暗唱すると、より全身を使...

    自分の興味を大切に納得して知識を吸収する

    知識というのは、自分の物にさえすれば、10...

    海馬と扁桃体

    人間の記憶には、脳の海馬という部分が大き...

    勉強のプロセスも楽しむ

    学習の成果を上げることと勉強のプロセスを...

    最強の勉強法

    最強の勉強法 (PHP文庫)posted with ヨメレ...

    大倉喜八郎と勇気

    大倉財閥の基礎を確立した実業家の大倉喜八...

    アメリカ陸軍軍人:ジョージ・パットン

    組織と規律についてパットンは語っている。...

    『武家の家訓』訳・吉田豊

    武家の家訓 (現代人の古典シリーズ 12)post...

    北条早雲:早雲寺殿廿一箇条

    一代目の北条早雲が子孫に伝えた生活規範に...

    哲学者・心理学者のウィリアム・ジェームズとセオドア・ルーズベルト

    ルーズベルトは「熱意があるように振舞え、...

    富山の薬売り:七楽の教え

    「楽すれば、楽がじゃまして楽ならず、楽せ...

    重要なのは「現在」である

    「現在の自分は過去の自分の想念(考え・セ...

    『サミュエルソンの経済学』と『ザ・テキストブック・オブ・セールスマンシップ』

    米国最大の教科書会社でもあるマグロウヒル...

    福沢諭吉『心訓』

    多くの成功者は、生きがいに関して、それを...

    『生きがいについて』の著者・神谷美恵子:看護学生への講演で

    「万人がうらやむような高い地位にのぼって...

    『自分を動かす』マクスウェル・マルツ

    マクスウェル・マルツも『自分を動かす』序...

    心理学「サイコ・サイバネティクス」(心の舵取り)を提唱:マクスウェル・マルツ

    彼は、人間の脳と神経は、飛行機の自動誘導...

    インフレに最も強い対策

    インフレに最も強い対応策は、常に現役で働...

    ただ自分の仕事が好きで夢中になること

    事を成し遂げるには、長期間、コツコツ続け...

    哲学の真髄

    哲学とは、いったい何かというと、『哲学の...

    ロダンと仕事

    19世紀最大の彫刻家とされるロダン(1840~...

    トーマス・エジソンの仕事と慰み

    彼は研究所内に起居して、一日十八時間も働...

    人生は思考によって形成される

    「われわれの人生はわれわれの思考によって...

    デール・カーネギーに学ぶ7つの生きる力

    デール・カーネギーに学ぶ7つの生きる力―自...

    高野山への寄進

    空海を宗祖とする真言宗には御室派のほかに...

    森村市左衛門の格言:懈怠は死なり

    私は平常机の前に一つの格言を貼りつけて、...

    森村市左衛門が自ら垂範した処世十戒

    忍耐、親切、健常、恭敬、寛恕、無我、温良...

    森村グループ・我社の精神(1909年発表・1919年改訂)

    一、海外貿易は、四海兄弟、万国平和、共同...

    徹底された直言主義

    森村は直言主義を徹底させるために、社員た...

    日本女子大学の創設に関わった人々

    実現までにさまざまな紆余曲折があったのち...

    「土筆ヶ岡養生園」福沢諭吉と森村市左衛門が出資した結核療養所

    そしてこんどは自らの手で「北里研究所」を...

    富士紡績と「森村橋」:静岡県駿東郡小山町小山

    その森村橋は小さいがデザインがよく(設計...

    日本陶器会社:国内販売の展開

    宮内省への納品は皇太子殿下(大正天皇)が...

    福沢諭吉の長男と次男の世話をする村井保固

    五ヶ月ほど日本に滞在したあと、村井保固は...

    日本銀行の監事に就任

    日本銀行は、松方正義が大蔵卿(大臣)だっ...

    福沢諭吉の言葉:宗教では悔悟し改めれば救われるが

    「天国や極楽ではそういう規則があるかもし...

    1880年(明治13年)「横浜正金銀行」の設立

    このころの貿易取引きは外国銀行の支配下に...

    ニューヨーク州ポーキプシー市イーストマン商業学校

    イーストマンの教育法は、生徒に対してすべ...

    日米修好通商条約と父・五代目市左衛門

    日米修好通商条約批准のための使節団という...

    福沢諭吉との出会い

    中津藩の御用商人になったことは、森村市太...

    独立というより孤立に近い逆境からの奮起

    「天涯地角頼むべきものは我一人、一方にお...

    森村市左衛門の無欲の生涯

    森村市左衛門の無欲の生涯posted with ヨメ...

    勉強と作業の違い:勉強=思考訓練+暗記

    勉強というものは、つきつめれ「思考訓練」...

    時間と健康のマネジメント

    私の友人のあるプロ教師は、講義の準備は早...

    未来志向の言葉

    マイケル・J・フォックス主演の映画『バッ...

    モチベーションの基本三点

    人間のモチベーションの源は3つあると思い...

    4つの区分の論理ブロック法

    論理ブロックの基本は、話す内容を「トピッ...

    批判に対する処し方

    自分の方法論が批判されたときには、自分の...

    できる人の教え方

    できる人の教え方posted with ヨメレバ安河...

    究極の質問

    私は「この人はすごい」と思う人に会ったと...

    要するに、物事の本質はシンプル

    本質を一言で言えないのは、わかっていない...

    多面的な世界で、多面的な考え方を持って、ポジティブに

    これしかないとしがみつくから不安になり、...

    自らの価値観を突き詰める

    自分の根っこの価値観はどこにあるのか、と...

    不安だけではなく、夢や元気になるプラスの事も書き出す」

    私も最初は不安や課題だけを書き出していた...

    不安要因を全て紙に書き出す方法・顕在化し俯瞰する

    スランプに限らず、私は不安を感じたら何で...

    自分を鼓舞する道具、方法、儀式

    こんなふうに「こうすると頭がよくなる」と...

    ゴールからの発想:既に合格していると思って勉強を開始

    つまり自分はもう合格しているのだ、という...

    夢をかなえる勉強法

    夢をかなえる勉強法posted with ヨメレバ伊...

    安田善次郎が浅野総一郎に贈った言葉

    その頃、善次郎が浅野に贈った有名な狂歌が...

    安田善次郎「身家盛衰循環図系(しんけせいすいじゅんかんずけい)」

    まず“困窮”の中にいる人間は“発憤”するか“...

    矢野文雄(筆名・龍渓)

    文語佐伯藩二万石という小藩の出身である矢...

    シンプルな強さ

    「善事は小なりとも必ず行い、悪事は小なり...

    安田善次郎と福地桜痴(源一郎)

    福地と言えば、明治初期の言論界において、...

    金の使い方と使い道:営利活動でも社会福祉でも実効性

    特に政府は、無定見な寄付の依頼を民間に対...

    高橋是清とロスチャイルド家とクーン・ローブ商会

    この時、ロスチャイルド家に紹介状を書いて...

    朱子『小学』:汪信民の言葉

    朱子の著した『小学』の中の、「人常に菜根...

    安田善次郎:銀行の救済の真の目的とは

    「銀行を救済するのは関係重役や株主を救う...

    安田善次郎の深い情と悔との拮抗

    (一度言明したことは、いかなる障害があろ...

    成功者の共通点:聞き上手・知的好奇心

    成功者の共通点の一つに、“聞き上手”である...

    著書『松翁清話』:若者に希望すること

    第一に望むのは、定めた目的に向って順序正...

    安田善次郎の“接客の四ヵ条”

    一、お客の言うまま、店先にない物は早くさ...

    安田善次郎の“三つの誓い”

    一、独力独行で世を渡り他人の力をあてにし...

    銀行王 安田善次郎

    銀行王 安田善次郎: 陰徳を積む (新潮文庫)...

    岩崎弥太郎が布告した社訓・三ヶ条

    岩崎弥太郎は三ヶ条の社訓を作って、社員に...

    前島密と岩崎弥太郎の初対面

    大久保の内示を受けた前島は、とりあえず弥...

    越後(新潟県)新発田の町家生まれ・大倉喜八郎

    軍需物資の集荷と陸地輸送は、大倉喜八郎の...

    台湾出兵の折、大隈重信と岩崎弥太郎の初対面

    大隈は感動し、立ち上がって弥太郎に歩み寄...

    法被と前垂れの着用:商人意識の徹底

    軽輩とはいえ元武士の幹部たちが不満顔をす...

    イギリスの商人:ウィリアム・オールトからの情報

    弥太郎はオールトから、「ヘルマン・フルベ...

    福沢諭吉『西洋事情』を読んで

    会社の組織や機能について、彼が正確な知識...

    四日間の船旅で読んだ書物『西洋事情』

    航海中、弥太郎は書物を読みふけった。福沢...

    岩崎弥太郎の知己:五代才助

    五代才助はながさきの海軍伝習所に学んだ。...

    安積艮斎の塾「見山楼」へ入った岩崎弥太郎

    安積艮斎は岩代国(福島県)郡山の人で、本...

    梁川星巌(やながわ せいがん)

    梁川星巌は美濃の人で、「文は(頼)山陽、...

    母・美和の姉(トキ)の夫・岡本寧浦(おかもと ねいほ)

    岡本寧浦は安田浦(安芸郡)の僧侶の家(乗...

    母・美和の実兄・小野順吉

    やむなく美和は、こんどは実兄で医者の小野...

    岩崎弥太郎

    岩崎弥太郎 (PHP文庫)posted with ヨメレバ...

    基礎体力の強化:思考力と対人力

    たしかに、4P、DCF、SWOTなどのビジネスフ...

    新渡戸稲造:一人で海外に出る時の勇気と忍耐の4つの条件

    一つ目は「身体の健康」、二つ目は「強固な...

    即時対応の心掛けと準備

    説明はとにかく「ロジカルにわかりやすくす...

    3つのしこうりょく:思考力、試行力、志向力

    僕は「思考する力(思考力)」「試して行動...

    PDCサイクルの前に、STFを付け加えて自己観照する

    PDCの前にSTF、つまり「しっかり見て(See...

    「気づきの3A」に二つのAを加えて、オープンな「5A(ファイブA)」

    「潔く素直に認めて(Accept)」「関連づけ...

    学習の中での気づき:3つのA

    これは、「きちんと起きて自覚すること(Aw...

    コルブの学習サイクルモデル+ブレークスルー=指数関数的学習サイクル

    「自己観照する-考える-意思決定する-実...

    知的に腕力のための5つの条件

    まず一番目は「アイデンティティ」です。二...

    リーダーの条件を見分ける簡単なテスト

    公演やセミナーで紹介しているんですが、あ...

    不立文字(ふりゅうもんじ)、教外別伝(きょうがいべつでん)

    禅の思想を表す4つの句のうちの2つ。「不立...

    漆の神様の異名を持つ蒔絵師・人間国宝:松田権六

    そんな松田権六が自ら実践していて、他の人...

    型の段階「修破離(しゅはり)」

    武道のみならず能でもお茶でもそうですが、...

    頭でしっかりと考えることは、場所を選ばずエコロジー

    知識というものは知っているかどうかで差が...

    F・スコット・フィッツジェラルド:第一級の知性について

    アメリカ文学を代表する名著『The Great Ga...

    欧米ビジネス最前線

    欧米ビジネスの前線で、私が仕事を始めて早...

    世界で戦う知的腕力を手に入れる

    世界で戦う知的腕力を手に入れるposted wit...

    連載へのアプローチと工夫

    毎回読み切りの連載原稿を書くにあたって、...

    米国金融アナリストのバイブル:“SECURITY ANALYSIS” Graham-Dodd

    「投資は、医学、法学、経済学などと同様に...

    時間調整のための技術

    “Lunch is for business matters. The even...

    自らをドライブさせるモチベーションの種類

    一攫千金が夢でないとすると、彼をドライブ...

    アドリブのための蓄積と発酵

    アドリブは、決してつけ焼刃ではできない。...

    フリーランス・ジャーナリストの“生活の知恵”

    そして、そのあとに続く文章が私の関心をひ...

    会議と仕事

    “You should do your work before meetings...

    デイヴィット・リヴィングストンとヘンリー・スタンレーの邂逅

    “Dr. Livingstone, I presume.”“You must b...

    チャーチルのカウンター・パンチ

    チャーチルを嫌悪していた古参女性議員が議...

    アメリカのピアニスト:ウラジミール・ホロヴィッツの言葉

    ウラジミール・ホロヴィッツは、1989年の秋...

    松本清張の言葉

    「(前略)同じテーマを書くことは自分の性...

    交渉の場における「運動の第三法則(作用反作用の法則)の原理」

    理屈にかなっているかいないかは、ここでは...

    愚問には愚答をもって応じさせていただきます

    老獪なコンサルタント氏はどう出るのであろ...

    勝負する英語

    勝負する英語posted with ヨメレバ今北 純...

    哲学と損得;ソクラテス

    ところが、そのソクラテスにしてからが、道...

    エピクロスの提言:哲学について

    「人はなぜ哲学を学ぶのか、という設問に対...

    自尊と研鑽

    これまでの何十年間は、何かに没頭できるそ...

    ステークホルダーの二分類:直接的影響;従業員、株主、顧客と間接的影響;政府、自治体、NGO

    ステークホルダーとは、従業員、株主、取引...

    個人とビジネス:内野、外野、責任、手柄

    そういった雑音や横やりにまどわされずにビ...

    本当の危機管理と日本の危機管理

    日本で危機管理というと事件がおきてから、...

    本来の考える順序

    そもそも自分は何をやりたいのかということ...

    ミッション ―― いま、企業を救うカギはこれだ

    ミッション―いま、企業を救うカギはこれだp...

    知恵について;アルバート・アインシュタイン

    Wisdom is not a product of schooling, bu...

    コミュニケーションと人間が人間であるための重要な要素

    ちょっとした表情やしぐさ、視線や顔色や息...

    一流に触れる大切さ;感性を育むためには必須

    世界で一流といわれる人たちに触れられる機...

    アドバイスを聞く人と行動に移す人

    アドバイスを聞く人はたくさんるけれども、...

    大野耐一:「カンバンシステム」または「ジャスト・イン・タイム・メソッド」の開発者

    大野耐一に私淑した人たちの中から、生産工...

    チェスキーナ永江洋子の判断基準

    メディアから「どういう選択基準でスポンサ...

    バーンスタイン率いるニューヨーク・フィルの旧ソ連での公演

    この時、バーンスタインが旧ソ連の国民に伝...

    駄作を見分ける方法:セリフを言っている俳優の周りの役者を観察する

    即席ラーメンのようにつくった作品であれば...

    優れた人材やエリートへの批判と価値

    優れた人材に批判は付きものです。でも、人...

    背水の陣;英語の同様の意味の文章、“burn one's boats/bridges”

    背水の陣とは、もともと中国の『史記』の『...

    ブラック・ショールズの方程式

    ブラック・ショールズの方程式とは、変動し...

    環境問題を語る上で重要な書物:『成長の限界 ―ローマ・クラブ人類の危機レポート』

    1972年に、全地球的な問題を扱う民間のシン...

    『沈黙の春』レイチェル・カーソン著

    20世紀に入っての啓蒙書ということでは、19...

    イギリスの経済学者トマス・ロバート・マルサス『人口論』

    イギリスの経済学者トマス・ロバート・マル...

    本田宗一郎と藤沢武夫

    本田宗一郎にしても、構想力というよりは夢...

    元手資金の仕組みをBasic Capital(最低限度の元手資金)として理論構築した名著

    中でもブルース・アッカーマンとアン・アル...

    KJ法の真髄

    KJ法の真髄は、この「分類不可能」という処...

    新しい時代を切り拓く賢者の知恵

    新しい時代を切り拓く賢者の知恵posted wit...

    「良妻賢母の新意義」新渡戸稲造

    「善悪是非曲直の道は、男女の性を論ぜず、...

    新渡戸稲造の教育方針

    また課外講義、特別講義として、セイヤーの...

    世界で読まれた『武士道』

    英文の『Bushido』がまずアメリカで出版さ...

    日露戦争の勝利がアジアにもたらした影響:ジャワハルラール・ネルーの言葉

    のちにインド独立後の初代首相になるジャワ...

    新渡戸稲造の教え子たち

    そして第二次世界大戦後の民主主義を教育界...

    新渡戸稲造の思想系譜

    新渡戸の思想系譜を辿ると見えてくるのは、...

    新渡戸稲造のジョンズ・ホプキンス大学の学友:トーマス・ウッドロー・ウィルソン

    ところが入学してしばらくすると、稲造は思...

    新渡戸稲造の先輩:佐藤昌介

    新渡戸のアメリカ行きは、先に官費によるア...

    トーマス・カーライルの『衣装哲学』(Thomas Carlyle"Sartor Resartus")の影響

    彼がカーライルから学んだのは先ず第一に真...

    森本辰男:新渡戸稲造博士追慕の言葉

    先生は『武士道』の美点を強調せず、寧ろそ...

    明治のサムライ―「武士道」新渡戸稲造、軍部とたたかう

    明治のサムライ―「武士道」新渡戸稲造、軍...

    信念の意味を正しく理解する

    信念とは常に行動的なものであり、消極的な...

    怒りや心の痛みを、心の外に追い出すことを学ぶ

    腹の立つような他人の行動や環境をコントロ...

    悲しみの有益な精神的な作用:例・古代ギリシャの悲劇は観客の心を浄化させた

    非生産的な習慣と思考のパターンを破壊でき...

    思考の習慣の結果が現在の状態である

    心身の自由、自立、経済的安定といった誰も...

    アイゼンハワー大統領の言葉:安定と危険と成功に関して

    アイゼンハワー大統領は、かつて次のように...

    逆境と二つの重大な事実と成功の関係

    ここに、人生の謎を解く重大な事実が二つあ...

    失敗の数なんて気にしない

    ある状況で三回失敗しても、さらに挑戦し続...

    マーケティングの先駆者・百貨店経営者:ジョン・ワナメーカーの言葉

    他人を助けることは、ビジネスとしても十分...

    人生における目標達成のための成功の方程式

     自分の人生における最大の願望につい...

    成功を勝ち取るための方程式

     希望と信念をもとに、明確な目標を設...

    さあ!今日から成功しよう

    さあ!今日から成功しよう―あなたの夢をかな...

    お釈迦様の「慈悲」とは、「全ての人々への平等な友情」と「人生の苦に対する呻きの共感から他者への救済」

    「慈悲」という言葉は、サンスクリット語の...

    「遅い」「速い」の二種類のα波:速いα波=爽快でスッキリした感覚の「α2」

    普段リラックスしたときや、眠気に誘われた...

    「夢」や「希望」は「快」であり「報酬」である

    そもそも、夢や希望は、脳にとっては「快」...

    ストレス解消:涙と笑いの違い

    つまり、同じようにストレス解消力があると...

    情動の涙を流せばストレス解消になる

    実は、情動の涙なら、どの涙を流しても、脳...

    三種類の涙

    一つ目は「基礎分泌の涙」。これは、目を保...

    ストレスの二つの経路

    視床下部から下垂体→副腎皮質→免疫力低下→...

    腹筋呼吸の方法:目を閉じないで、ゆっくりと5分以上

    一般的には12秒ぐらいかけて吐き、8秒ぐら...

    腹式呼吸の2種類:「吸い始め・吸気」の横隔膜呼吸と「吐き始め・呼気」の腹筋呼吸

    座禅でもヨガでも太極拳でも、リズム運動に...

    脳の中の睡眠薬であるメラトニンの材料はセロトニン

    私たちの脳は自前の「睡眠薬」を持っていて...

    朝の太陽光を30分程度浴びるとセロトニンが効果的に活性化する

    セロトニンは朝つくられるので、朝の太陽光...

    セロトニンとトリプトファン

    セロトニン神経は日々の食事から吸収した「...

    セロトニン神経の五つの働き

     クールな覚醒平常心の維持交感神経の...

    他の神経からの刺激がなくても規則的にインパルスを出すセロトニン神経

    そのインパルスは、他の神経からの刺激とは...

    三つのストレス

    一つは、身体的ストレス。もう一つは、快が...

    前頭前野とドーパミン神経、ノルアドレナリン神経、セロトニン神経の関係

    前頭前野を構成する三つの脳、「共感脳」「...

    リズム運動とセロトニン神経

    一定のリズムを刻む運動を「リズム運動」と...

    ストレスには勝てない

    ストレスを受けたときに、しっかりと対応で...

    脳からストレスを消す技術

    脳からストレスを消す技術posted with ヨメ...

    部下としてのフォロワーシップ

    では「自分にはその上司に使える部下として...

    自らの限界記録を更新し続ける

    そのトレーニング方法とは、疲れてもうダメ...

    メモやスケッチの効能

    レオナルド・ダ・ヴィンチやエジソンといっ...

    指標を細分化し達成感を得て、チベーションを維持する

    できる人間になるには、自分を評価する指標...

    資格の死角:新発想や集客法に直結していない。

    資格は基本的に「正確に記憶する能力」を問...

    30代で差をつける「人生戦略」ノート

    30代で差をつける「人生戦略」ノート―最短...

    伊藤仁斎:読書の際の心得

    「問う、『書を読むには何を以て要と為る』...

    伊藤仁斎『童子問』:人生のあらゆる課題に適応する内容

    最低限の基本姿勢を決めるのに役立てるとい...

    高橋亀吉『日本近代経済の育成』

    とにかく日本の近代および現代を知るために...

    高橋亀吉『経済学の実際知識』

    高橋亀吉はその刻苦勉励の生涯を通じ、大正...

    梅棹忠夫からの教訓:自分の目で調べる気持ちがなければプラス認識はできない。

    前向きの建設力、発達力に眼をつけようとす...

    大宅壮一からの教訓:語るべき時に語り、語らざるべき時に沈黙することが人間には必要である。

    つまり、自分の一番のとって置きの能力を発...

    人間通でなければ生きられない

    決定版 人間通でなければ生きられないposte...

    国家の課税方法:「属人主義」と「属地主義」

    属人主義の税制を持つ国の代表はアメリカで...

    経済変化への対策の基本は、自らの事業・生産活動

    何度も繰り返すようですが、将来何が起ころ...

    注目する長期保有の「海外ファンド」

    ベトナムファンド、中国ファンド、インドフ...

    ハイイールド債投資のタイミング

    アメリカ大統領は選挙対策で、任期の3年目...

    債券購入の目安:トリプルAで金利10%程度

    たとえば、金利10%の20年債などが出てきた...

    オススメのトリプルA銘柄

    私がお勧めしているのは、トリプルAの銘柄...

    債券投資の格付けチェック

    ムーディーズなど格付け会社のホームページ...

    利息のある「利付債」と中途売却で無課税に出来る「割引債」

    利付債とはたとえば年二回など決まった期間...

    国際分散投資:「ドルを基本として」資産全体の価値が「ドルに影響を受けない」ポートフォリオを組む投資方法

    そのほかの通貨を選ぶときの基本的な考え方...

    プライベート・バンカーの買い方

    私のようなプライベート・バンカーは決して...

    ロシア危機とノーベル経済学賞受賞者を有するヘッジファンド:ロングタームキャピタルマネジメント

    あの時彼らはロシア危機を全く予想していな...

    一番有効な投資先

    私は常々思っているのですが、投資は自分に...

    ちょっと早く手仕舞いすると言うファンド・マネージャー

    高値かどうか底値かどうかというのは、後か...

    証券会社の営業マンのおかしな話

    証券会社の営業マンは、絶対に上がると確信...

    本書の3つポイント

    私は本書で流動性(換金性)を重視する「相...

    5年後にお金持ちになる資産運用(改訂版)

    現役プライベート・バンカーの5年後にお金...

    思考の近道選びの誤り:「代表性」「利用可能性」「係留効果」

    その「近道選び」について研究し、ノーベル...

    「低エネルギー」=「低エントロピー」⇒「低エネルギー」で「継続的な活動」がベスト

    しかし、決して、「やるぞー!」と声を荒ら...

    後戻り出来ない一方通行の「エントロピー増大の法則」

    「エントロピー増大の法則」という法則があ...

    二元論の活用

    どんなことでも、逆さまから考える。合理化...

    「誰に好まれるか」と「誰に嫌われるか」の二つの思考法

    私自身、何か仕事をはじめる場合は、「誰に...

    ウィトゲンシュタインの「超越確実性言明」

    簡単にいつと、「あんたって人間はね、周り...

    フランス人評論家ルネ・ジラールの「欲望の三角形」

    「欲望とは、自分が欲しいと思うから起こる...

    フィッシャーの定理:うまくやり過ぎてはいけない

    生物体が現在の環境によく適応していればい...

    「ポアンカレの法則」:異質の結合

    「ポアンカレの法則」という法則があります...

    「リスク」は見ることが出来る

    私たちは、不確実性をリスクと思いがちです...

    株式の運用:利益は遅く、損は早く

    実は株の運用に慣れた人たちは、利益の確保...

    『行動経済学入門』 多田洋介

    従来の経済学は、完璧な人間を前提としてい...

    「初期値」と「持続的な熱中度」

    つまり初期値ばかりではなく、こういった根...

    タックス・クライテリア:「使うお金の価値」と「稼ぐお金の価値」の差異

    いつも税金を計算しに入れた思考で行動をす...

    「少しずつ」の変化ではなく、「突然」の変化:起源あるいは終焉の瞬間

    実は、こういあった唐突な意見の一致(売り...

    構造人類学者レヴィ・ストロースの「プリコラージュ」:構造の借用

    特に、他の分野から方法を借用することを「...

    「特別」から「標準」への速度、「特別」の根拠を見極める

    この世の「特別」は必ず標準化する。これが...

    自分のビジネス・業態の歴史を調査しておくこと

    自らが、自社や業態の歴史を調べておくこと...

    稼ぐ超思考法

    カリスマ・コンサルタントの稼ぐ超思考法 ~...

    情報収集はエントロピー増加の側面もある事に注意する

    情報を集め続けることは、エントロピーの増...

    使い続けると増える井戸:人間の頭脳の働きも同様

    井戸は不断に、適当に使い続けておけば、い...

    使わない井戸は涸れる:発想の「泉」と「井戸」=「源泉」と「汲み上げ機」

    井戸の方は、いつも汲み出していないといけ...

    個人蔵書は、自分の問題意識に従って並べる

    しかし個人蔵書は自分だけのためであるから...

    久米邦武『日本古代史と神道との関係』と内藤湖南『近世文学史論』

    全部は読まなかったが、久米邦武博士の『日...

    アメリカ実業界でも四十歳までに成功することが基準となる

    実力主義のアメリカでは、実業界においても...

    世阿弥『風姿花伝』:42歳、43歳までに成功を収めるべし。

    「さるほどに、上るは三十四、五までのこと...

    40歳までに自信と成果を得る

    ① “自信”外国文学者として出発した二人は、...

    外国語の学習=発想の井戸を掘ること

    外国語を読む時間は多くかかかっても、それ...

    現在も有効である語学という発想の泉

    幕末から維新にかけて、日本の学問のリーダ...

    『ブリタニカ』第七版とマクヴェイ・ネイピア

    このような歴史をもった『ブリタニカ』を改...

    語学はアイデアの宝庫

    滾滾と湧くアイデアを持った人をしらべてみ...

    発想法

    発想法posted with ヨメレバ渡部 昇一 PHP...

    『農業全書』 宮崎安貞

    宮崎安貞(1623~1697)という福岡黒田藩の...

    中江藤樹の学問に対する考え:本心を大切にして信じること

    学問する者は「ミヅカラ本心ヲ信ジテ、其跡...

    中江藤樹

    二宮金次郎のはるか先輩、思想の上の先人に...

    契沖

    寛永十七年(1640)に尼崎の武家に生まれ、...

    『二宮翁夜話』;「孟子は難し、中庸は易し」

    尊徳の言行を記録した『二宮翁夜話』に、「...

    尊敬による愛読は、自ら所有した大切な本のみ可能である

    尊敬による愛読、というものを図書館の閲覧...

    独学の精神

    独学の精神 (ちくま新書)posted with ヨメ...

    訓練・鍛錬まで、精選・洗練させる

    鍛錬のレベルまで自分を持っていけば、超一...

    西成活裕の好きなロマン・ロランの言葉と嫌いな言葉

    好きな言葉はロマン・ロランの「失敗しなか...

    批判にさらされた時に支えてくれる坂本龍馬の言葉

    そして批判にさらされたときに、僕が思い出...

    世界平和のためにすべきマザー・テレサの助言

    マザー・テレサがノーベル平和賞を受賞した...

    16歳の教科書 2

    ドラゴン桜公式副読本 16歳の教科書2 「勉...

    ただ、ただ、1万の語彙を記憶する

    「重要単語」だの「頻出」だの「よく出る」...

    語学は、徹底的な語彙修得から。

    世の中には「日常会話は、1000語ぐらい基本...

    数学の推薦図書:『オイラーの贈物』吉田武(筑摩書房)

    数学の面白さを教えてくれる本といえば、吉...

    意欲を減退させる・心の扉を閉じさせる言葉

    そして、嫌いにさせられる最大の原因は、言...

    16歳の教科書

    ドラゴン桜公式副読本 16歳の教科書~なぜ学...

    生きがいのレパートリーを増加、活性化させる例

    作家の大岡昇平の『成城だより』を読むと、...

    日本と西洋、精神と物質の比較の本

    大正二年に出た遠藤吉三郎の『嗚呼西洋』(...

    時実利彦『人間のからくり』:あくびの効能

    時実さんは、さらに次のように言う。あくび...

    神谷美恵子の本の再読による再発見

    神谷さんの本は何度くり返して読んでも、新...

    経済学者ガルブレイスの余暇の過ごし方の三段階

    第一段階は怠惰(無為に時間を過ごす)。第...

    A・H・マズローの欲求理論

    生理的欲求(食欲・睡眠・性欲)安定性欲求...

    考えなければ、幸福は生まれない。

    考えなければ、幸福は生まれない。―「豊か...

    インデックスファンド投資の本

    ウォール街のランダム・ウォーカー ―株式...

    個別株長期投資の本

    株で富を築くバフェットの法則[最新版]---...

    トレーディングの本

    マーケットの魔術師 - 米トップトレーダー...

    世界市場における日本市場の割合は、15%である。

    確定拠出年金に使われる海外株式インデック...

    『金融広告を読め!』:金融機関のボッタクリ商品の詳細についての書籍

    *金融機関の各種ぼったくり商品については...

    金融リテラシーのある人の考え方

    だれかが得をすれば、だれかが損をする。金...

    ウィリアム・シャープの「CAPM(キャップエム)=資本資産評価モデル」

    「CAPM理論が正しければ、世の中に効率的な...

    Berkshire Hathaway Inc. 「BRK-B」 (NYSE):個人投資家向けの株式

    バフェットの偉大なところは、自らの投資運...

    原則:企業の価値に対して大幅に割安な価格を発掘する

    株価が安ければ安いほど、賭けに勝つ確率は...

    『バフェットの法則』における原則:ロバート・G・ハグストローム

    企業に関する原則 その事業は簡明で理解し...

    「旦那道」:竹田和平の究極の長期投資法

    竹田がもっとも重視するのは、財務内容のな...

    バフェットのポートフォーリオ

    バフェットはその後、銘柄選別と長期保有を...

    【債券】利益率の予想:【株式】1株利益の予想 

    一般に株式投資においては、割引率よりも1...

    あらゆる金融商品の価値を決める最重要ポイント

    現在価値は金利(割引率)によって変動する...

    株価、または、株式の価値の究極の定義

    株価はどのうように決まるのだろうか?じつ...

    民主主義(人間の権利)と資本主義(経済の仕組)は、根本的に、同じ土俵ではない。

    民主主義は、資産の多寡にかかわらず人間は...

    アノマリー(anomaly:異常現象)を研究する「行動ファイナンス理論」

    行動ファイナンス理論では、人間の心理や制...

    モメンタム(Momentum:運動量;弾み、勢い、推進力):モメンタム戦略に関する統計学的な研究結果

    モメンタムは「勢い」の意味で、相場が上が...

    臆病者のための株入門

    臆病者のための株入門 (文春新書)posted wi...

    「商売」=「みんなに満足感を与える」=「みんなに感謝される」

    金儲けがうまい人は、どんな商売をやれば人...

    経験者や税理士の話を聞いておく:借金と税法

    ともかく、お金を借りることと、税金を節約...

    成功は苦しみの結果、失敗は油断の結果

    だから、商売が行きづまって、バンザイとい...

    商売を成功させるコツは、お客を気持ちよくさせることにつきる

    商売で成功する秘訣は、簡単にいえば、一度...

    損失の範囲・対処法を前もって検討しておくこと

    損の計算をしっかりとしなさい――これは、私...

    中国の俗な諺:自惚れに関して

    中国の俗なことわざに、「女は自分が不美人...

    人がいるところの不動産、人がいないところの不動産

    「人のいないところには投資しない」という...

    分割できる不動産と分割できない不動産

    「細かく割れない不動産は持たない」という...

    本のジャンル 一覧

     ■ 本のジャンル一覧 英語の勉強法の本 タ...

    万古不変の法則:借金と利息と投資に関して

    私は、かねてから、「借金の利息の払えない...

    商売の原則

    商売の原則 (知恵の森文庫)posted with ヨ...

    再び始め易くする方法:キリの悪いところで切り上げる;途中で止めて、思考を継続させる

    つぎの日に頭が働きはじめるのは、書きさし...

    「書き出し」、「リード書き」の手本となる『巻頭随筆』

    参考までによい「書き出し」を身につけるた...

    ビー・スペシフィック(be specific):もっと具体的に例を挙げて説明しなさい

    フランスの啓蒙主義思想家ボルテールも、自...

    文学理論学者ケネス・バーク(Kenneth Burke)のペンタッド法(五点チェック法):データを評価するための方法

    誰が書いたか。たとえば原子力発電問題につ...

    三点法:データは三つの情報源から得る

    普通、資料は三つの情報源から得なければな...

    米国作家マージョリー・ホームズ(Marjorie Holmes)の発想法

    ホームズが大学時代に美術の先生から教わっ...

    原子物理学者オッペンハイマーの「理論的発想及び発見時に関する言葉

    「理論的な発見というものは、外からは、そ...

    休息のためのRR法(Relaxation Response):ハーバード大学のハーバート・ベンソン博士が考案したストレス解消法

    やり方は五段階に分かれ、誰にでも簡単にで...

    文章を書くための準備運動;ノンストップ法: 5~15分の時間制限で主題を決めて、休みなく書き続ける

    とにかく、単語だけでもよい、文の断片でも...

    アーネスト・ヘミングウェーの文章の研ぎ澄まし方:『武器よさらば』の最後の頁は39回の書き直し

    アーネスト・ヘミングウェーは、「私は書い...

    誠実で正確な信頼のおける文章を努力し演出する

    つまり、「この人のいうことはマチガイがな...

    ロジャース法:心理学者カール・ロジャース提唱;円滑なコミュニケーションのための方法:(対立的ではなく、建設的に)

    論点は手短に客観的にまとめる。この論点に...

    映画俳優ジェームズ・ディーンのインタビューの受け方

    ディーンという人は、インタビューの申し込...

    ライアンのルール:「質問の60パーセントの答えがわかるまで、インタビューをしてはいけない」 by ジャーナリスト;コーネリアス・ライアン

    誰かをインタビューするとしよう。その際、...

    マーケット・リサーチ:読み手の性格を考え、引用文を用いる方法

    読み手が感激屋さんや学究肌のときは、東西...

    調子を整えるための愛読書を常備する

    日本語では『福翁自伝』、英語ではジョージ...

    「失敗可能性」の少ない仕事・生活のための方法

    コツは、集中的に徹夜をしたり、一日十何時...

    「マーフィーの法則」の起源

    1949年、カリフォルニア州のエドワード空軍...

    清書においてまで、常にテーマへの焦点を絞り続ける

    テーマをできるだけ絞っていくと、その文章...

    泥縄式勉強法:自分の知識の棚卸し;記憶の総点検

    この著者は、「いったい自分は何を知ってい...

    事実に基づく文章を書く時に考える三つのこと

    これから書こうとしていることに興味を感じ...

    何を書くか、どう書くか -知的文章の技術-

    何を書くか、どう書くか―知的文章の技術 (P...

    他者の半歩先を歩む:理解できる新規性;広告・プレゼンでの思考法

    広告だけでなく、人に対してプレゼンテーシ...

    人生の退屈と幸福を決定する指針:生きがいになる仕事への没頭:デール・カーネギー

    「もし人生に退屈しているなら、何か心から...

    他者に受け入れられる差異:「差異=違い」を「差異=価値」に成長させる

    自分の差異を大切にし、そしてそれを他者評...

    現時点での限界に打つかった場合の処方

    しかし、そこであきらめず、必ず限界を一歩...

    行動から得られた経験という情報を分析して、さらなる行動へという回転。

    行動の最大の目的は、行動することそのもの...

    「自信」と「不安」という重要なレーダー

    「自信」と「不安」は一見、相反するものの...

    「不安を感じる」=「情報の不足」

    不安とは、必ずしも「行動をやめろ」という...

    自らの感情の棚卸し:自分の感情のパターンを知る

    感情の起伏が起こるような具体的な体験を、...

    視点の数だけ無限に可能性がある

    大切なことは、あなたが対象を決め自分の意...

    仕事とかけ離れた何かを持つことが思考を回転させる

    欧米の企業で活躍しているビジネスパーソン...

    千利休の問答:「知識の入手」と「能力の獲得」の違い

    ある日「茶道とは何か教えてください」と尋...

    限界を突破する「学ぶ技術」

    限界を突破する「学ぶ技術」―いまの自分に...

    「人生で何をすればいいのか?大きな目的とはどういうものか?」のヒント

    人生において、一番楽しくりっぱなことは、...

    ニーチェ:人間の精神の三段階

    哲学者のニーチェは人間の精神を「ラクダの...

    デカルト『方法序説』第二部「知的作業のための四つ規則」:「明証」「分析」「総合」「枚挙」

    「明証」とは、「明らかに真であると認めら...

    「例外を無くすこと」が「習慣化」のポイント

    「良い習慣」は「良い友人」である。ひとた...

    端切れ時間の活用

    「まとまった時間」を探すのではなく、「時...

    毎月【400字×300枚以上】の原稿を書く

    どうしてこんなノルマを課しているかという...

    ベンジャミン・フランクリンの13徳樹立

    節制…飲み食いはほどほどに。沈黙…自分にも...

    「意欲」と「仕事」が一致すると「大きな力」となる

    自分の内からわきだしてくる「やりたい」と...

    頭をよくする私の方法

    頭をよくする私の方法―人の何倍も「頭」と...

    Not "Give & Take " But "Give & Give"

    ギブ・アンド・ギブですか!?そう、Give &...

    お金と心の平安

    お金は自分のものではなく、もともと社会の...

    七つの消極的な感情

    恐怖嫉妬憎悪恨み貪欲迷信怒りこれらの感情...

    七つの積極的な感情

    願望信念愛情性欲情熱ロマンス希望P 432...

    成功のための性エネルギーの利用

    成功を遂げた著名な人々を25000人以上...

    失敗の対処法:過去のものとして、未来への糧とする

    あなたの心を、つねに未来へと向けておくこ...

    自分が自分の雇用主という仮定による自己分析

    もし自分が自分の雇用者だったとしたら、自...

    「知識」より「行為」;単なる知識なら百科事典を紐解けば良い

    世間は、その人の「知識」に対して報酬を支...

    アイディア⇒ひらめき⇒育成⇒エネルギー⇒莫大な富

    莫大な富というのは、努力だけでは手に入ら...

    education の語源

    教育(エデュケーション)という言葉は、ラ...

    富を手に入れるための心得

    達成したい具体的願望、そのための代償、最...

    ナポレオン・ヒルの巨富を築く13の条件

    巨富を築く13の条件 文画サンド版posted wi...

    「獲得」「固定」「再生」

    記憶は幾多の段階にわかれています。少なく...

    記憶力と分子の動き

    記憶力は「NMDA受容体」の活動と深い関係が...

    天才とは努力の集積の賜物

    「天才」とは、努力が足りない凡人の妄想に...

    寝ること、夢を見ることは、記憶定着のため必須の過程

    寝ることは、ものごとをしっかりと覚えるた...

    科学的に最も能率的な学習のための復習スケジュール

    忘却曲線を考慮にいれると、科学的にもっと...

    記憶力が高ければ、ストレスに強くなる

    記憶力が高ければ、ストレスからのダメージ...

    記憶の容量は年齢と共に増大する

    脳を詳細に調べてみると、確かに、神経細胞...

    ストレスとお酒と記憶力

    動物にストレスを与えると、ホルモンのバラ...

    重要なグルタミン酸の受容体:AMPA受容体とNMDA受容体

    AMPA:α-amino-3-hydroxy-5-methylisoxazol...

    LTP(long-term potentiation)

    海馬歯状回のシナプスを高い周波数で刺激す...

    1949年に神経科学者のヘブが考えていた「ヘブの法則」

    もし、シナプス可塑性が記憶に関係するのな...

    記憶の定義

    専門的にいえば、「記憶とは、神経回路のダ...

    θ波を作り出すもと&うま味の成分

    神経細胞において、より実質的に重要な神経...

    流れる電気の実体は異なる

    電気回路では流れるものは「電子」ですが、...

    θ波は記憶しようという意志の表れ

    もっとも顕著にθ波が現れるのは、新しいも...

    情報は一ヶ月間、海馬に留まる

    入力された情報は海馬に一ヶ月ほど留まり、...

    海馬は「記憶する」ことには重要、「思い出す」ことには必要でない

    海馬がなくても思い出すことができるのです...

    記憶の分類のまとめ:エピソード記憶以上は「顕在記憶」・意味記憶以下は「潜在記憶」

    記憶には「短期記憶」「長期記憶」がありま...

    意識して思い出せるエピソード記憶と契機の必要な意味記憶

    エピソード記憶は1972年カナダの心理学者ダ...

    神経細胞の増加:情報の入り口の歯状回

    実際、神経細胞が鍛えられて数が増えるとい...

    海馬の主要三シナプス回路

    「歯状回」→「CA3野」→「CA1野」とい...

    海馬の構造:アンモン角

    アンモン角は錐体細胞の性質にもとづいて、...

    アンモン角と歯状回

    ⊂のほうを「アンモン角」、⊃のほうを「歯状...

    海馬の重要性の明確化

    海馬の重要性を初めて明確に示したのは米国...

    神経細胞の増減

    神経細胞に増殖する能力がないということは...

    神経細胞(ニューロン)

    イタリアの解剖学者ゴルジとスペインの組織...

    記憶力を強くする

    記憶力を強くする―最新脳科学が語る記憶の...

    過去の結果と未来の創造

    まず、あなたがたの人生はすべて、あながた...

    幸せな気分、元気な気分になれるコツ

    いつでも違った方法を試して幸せな気分にな...

    引き寄せる磁石としての自分

    「意図的な創造」の鍵はこういうことだ。自...

    節目ごとの意図確認

    「節目ごとの意図確認」プロセスで大事なの...

    何ものにも負けない強い意志

    わたしたちが勧めるのは、ある決断をするこ...

    我慢と許容の違い

    我慢は「許容し可能にすること」ではない。...

    焦点、視点を欲するものへと向ける

    目も言葉も思考も、目の前の現実に向けるの...

    繰り返し言葉を口に出す

    言葉を口にしたからといって求めるものが直...

    与えること

    他人に与えることができる最大の贈り物は、...

    思考の焦点が現実となる

    あなたが抱く思考に反応する宇宙では、実際...

    感情のチェック

    「感情というナビゲーションシステム」に気...

    感情と気分が指針となる

    あなたの気分がよければそれだけあなたの「...

    思考の焦点

    あなたが思考の焦点を定めた対象が望むこと...

    「宇宙の法則」には三つある

    第一は「引き寄せの法則」だ。この法則を理...

    引き寄せの法則 エイブラハムとの対話

    引き寄せの法則 エイブラハムとの対話poste...

    不完全さを補おうとする性質の利用

    具体的には、「ここまでできれば、あと少し...

    知識も動作も、くり返しが重要

    では、くり返すとはどのくらいなのでしょう...

    わからないところは、30回の音読

    基準としては、音読は30回程度です。それだ...

    腑に落ちる=わかる

    ある項目を勉強していて、どうも腑に落ちな...

    小さな量で、繰り返す

    覚える内容を「小さな量」にしたら、今度は...

    暗記・理解・練習の繰り返し

    勉強においては、「わかる」と「覚える」は...

    東大家庭教師が教える頭が良くなる勉強法

    東大家庭教師が教える頭が良くなる勉強法po...

    書くための文法

    Grammar(ギリシャ語で grammatike)とは、...

    論理のための構築法

    「哲学」「定義」「問題分析」「解決策」「...

    言葉、表現、スタイルなどは、受け手のもの

    「言葉は他人のものです。ですから表現は他...

    書くことにより、自分と約束する

    なぜ、集中思考の講座で書かせたのか。それ...

    書くこと、考えること、話すこと。

    どうやら、英語を話すことを恐れない原因は...

    英語 ―― 何をどう書くか

    ...

    短期と長期の目標

    勉強には短期目標と長期目標が必要です。長...

    ショートスピーチと論理構成

    そこで、私がよく生徒に勧めているトレーニ...

    狭く、濃く、繰り返す

    英語にかぎらず、言葉を学習するときの鉄則...

    モーター理論

    「モーター理論」という理論によれば、人間...

    精聴のためのディクテーション

    精聴にはいくつか方法があります。私も、か...

    文法を学ぶのが効率的

    大人になってから英語をマスターしようと思...

    英語の音読

    英語の練習とは、ズバリ「音読」です。正し...

    できる人の英語勉強法

    できる人の英語勉強法posted with ヨメレバ...

    方法記憶

    方法記憶には二つの重要な特徴があります。...

    五感を利用して学習する

    学習時には、必ず手を動かして紙に書き、そ...

    経験記憶と知識記憶

    自由に思い出せる記憶、つまり自分の過去の...

    学習の転移

    ひとつのことを習得すると、ほかのことの学...

    初頭努力と終末努力

    一般に、何かの作業を行うときの集中力は、...

    作業興奮:心理学者クレペリン

    何事でも、始めてからしばらく経つと少しず...

    小さく小さく刻んで、積み上げていく学習

    「わからない」のは「分けられない」ことだ...

    スモール・ステップ法

    しっかりと基礎を身につけてから、少しずつ...

    原因解明と、次回への解決計画

    「深い思案」と「楽天性」の両方を併せ持つ...

    成功には、多くの失敗が必要

    ひとつの成功を導き出すためには、それだけ...

    学習とは、関連の気づき

    学習とは「ものごとの関連に気づくこと」だ...

    外発的動機:ご褒美や報酬

    外発的動機を利用する方法は、心理学的には...

    学習における二つのコツ:興味と感情

    マンネリ化せず、適度な緊張感を保ちながら...

    海馬の神経細胞も繰り返しの刺激を必要としてる=復習は必須

    海馬の神経細胞そのものが繰り返しの刺激、...

    サーカディアンリズム(日周リズム)

    一日ごとの生活リズムは「サーカディアンリ...

    海馬の性質を考慮した復習プラン

    海馬の性質を考えると、もっとも効果的な復...

    海馬は一ヵ月の間に情報を選定する

    潜在的な記憶の保存期間は一ヵ月なのです。...

    忘却速度は、基本的に個人差はない。

    実際にテストをしてみると、単語を忘れる速...

    レミニセンス効果

    レミニセンス効果とは、身につけたばかりの...

    学習とは繰り返しである

    海馬に必要だと認めてもらうには、できるだ...

    高校生の勉強法

    最新脳科学が教える 高校生の勉強法 東...

    英会話の基本のためのオススメ教材

    これで話せる英会話の基本文型87 (CD book)...

    リスニングは、耳の筋トレ

    英語が聴こえるようになるには、耳を鍛えて...

    単語の覚え方の工夫

    知っている単語に知らない単語をくっつける...

    単語力に自信のない場合の英絵辞典

    Oxford Picture Dictionary: English/ Japa...

    村上式の単語の覚え方:ひたすら眺める

    毎日、ただひたすら単語を見る、眺める。最...

    英文のための参考書

    超・英文解釈マニュアル―学校で絶対教えて...

    オススメの英書:探偵小説、弁護士小説

    Early Autumnposted with カエレバRobert B...

    後戻り&息継ぎ禁止

    1つは、パラグラフ(段落)の先頭から読み...

    英語をそのまま、英語で理解する

    英文法に忠実に文章を分解して訳していくの...

    英語のための筋肉を増強

    英語を頭で考えない。英語を体に覚えさせる...

    村上式シンプル英語勉強法

    村上式シンプル英語勉強法―使える英語を、...

    ライティングのためのシソーラス

    シソーラスは、英文ライティングに当って強...

    ディクテーションの訓練法

    ネイティブスピーカーの自然な口調の音声が...

    文章を読む時は、とにかく左から右に

    わからない文章は、もう一度文頭に戻って、...

    「精聴」と「多聴」

    聴き取りの力を伸ばすのは、両方の訓練が必...

    会話は「言い換え練習」がすべて

    会話に関して私がやった主な練習は、『アメ...

    「話す」以前に、「聴き取る」能力を上げる

    話す力以前に、相手方の言うことを聴き取れ...

    英文の読書量を増やす

    私が英語の上達を目指す人にいつもアドバイ...

    継続は力なり

    上達した人は、例外なく相当な努力を長期間...

    英語 確実に身につく技術

    英語 確実に身につく技術―私はこうして実力...

    英語を書く練習

    なにも長文を書く必要はありません。ごく短...

    暗唱の効用

    暗唱が幼児教育ばかりでなく、あらゆる学習...

    鈴木鎮一:幼児教育

    鈴木鎮一氏の存在は海外のほうが有名で、ス...

    毎日の効用

    習いごとはすべて「毎日やる」ことがたいせ...

    繰り返し深く聴く練習

    クラーク氏の著書『クラーク先生の英語勉強...

    シュリーマン語学習得法の7ステップ

     ひじょうにたくさんの分量を音読する...

    一次情報のための手段としての英語

    一次情報を手に入れ、なおかつ、みずから発...

    シュリーマンの評伝

    最近、あらためて、エミール・ルートヴィヒ...

    私はこうして英語を征服した

    私はこうして英語を征服した (Goma books)p...

    方法・技術は実行して、初めて価値が生れる

    もっとも、いくらよい本でも、読んだ人が、...

    大多数の人と同時間に同行動しない

    交通機関の利用時、銀行のキャッシュ・ディ...

    メモで時間と脳の負担の節約

    時間を節約する技術の中で最も大切なものの...

    冷静な対処を心掛け実行する

    いつものことであるが、いかなる危機を迎え...

    細かく分けてから作業を開始する

    どんな壮大なプロジェクトでも、それを細か...

    着手一秒

    だが、とにかく始めなければならないのだ。...

    仕事は先延ばししない

    作家のマーク・トウェインは、次のような忠...

    自分自身とアポイントメントを交わす

    「もし、あなたが重要な仕事を抱えていると...

    奇跡の整理術・時間活用術

    ビジネスマン 奇跡の整理術・時間活用術―「...

    長期旅行用ガイドブック

    私が愛用しているのは『ロンリー・プラネッ...

    LとRの発音

    英語のLの発音日本語のように、上アゴをは...

    単語習得法

    単語帳はお手製のものを書き留める項目は、...

    検定試験合格の極意

    受験の極意は、大学受験も検定試験も同じ。...

    英検をすすめる理由

    英検のなによりいい点は、級別の合否判定と...

    たった3ヵ月で英語の達人

    たった3ヵ月で英語の達人―留学なんて無駄!...

    冠詞の使い方

    ピーターセンさんは、「冠詞は名詞につくア...

    シュリーマンの勉強法

    私はこのとき必要にせまられて、外国語習得...

    シュリーマンの信念

    「新しい言語を習得するごとに、人は新しい...

    英語を話せるということは、自分の言いたいことを英語で言えること

    スピーキングの練習では、自分の話したいこ...

    会話の練習テキスト

    私自身は初級のテキストには、『アメリカ口...

    リスニングの重要性

    外国語の学習においていちばん大切なのは、...

    アンナチュラル・メソッド

    英文学者の外山滋比古氏が言っているように...

    二大言語グループ

    ヨーロッパの大陸のほうには外国語を話す人...

    英語できますか?― 究極の学習法

    英語できますか?―究極の学習法 (新潮選書)p...

    リスニングの恐怖心を取り除く方法

    PARTⅡの30問の合計120の文章(問題文と、選...

    文法の問題集

    新TOEIC TEST英文法・語法問題集posted wit...

    歌を利用した英語の練習

    英語耳ドリル 改訂版 発音&リスニングは歌...

    音読して、紙に書くを繰り返す

    NewVersion対応版 TOEICテスト900点を突破...

    英語耳

    リスニングのメカニズムについて、ありとあ...

    海外経験ゼロ。それでもTOEIC 900点

    海外経験ゼロ。それでもTOEIC900点―新TOEIC...

    エリック・ホッファーの言葉

    「われわれは、仕事が意義あるものであると...

    「待ち」から「先取り」のためのメモ

    そのためにヒントになり得るのは、とてもベ...

    ニュースの読み方、聞き方、理解の仕方

    大事なことは、ニュースを詰め込むことでは...

    「わかりやすさ」の罠

    「オールドエコノミー対ニューエコノミー」...

    マーケット・インのための知的好奇心

    マーケット・インのコンセプトづくりの根底...

    プロダクト・アウトからマーケット・インへ

    従来のプロダクト・アウト的アプローチ(優...

    ロジスティクス:兵站、補給

    元来、ロジスティクスは、兵力を展開するの...

    豊かさを指標化することはできない

    当たり前のことですが、豊かさや幸福の基準...

    Today is a gift

    ≪Yesterday is history. Tomorrow is myste...

    マイ・ビジネス・ノート

    マイ・ビジネス・ノート (文春文庫)posted ...

    文化通訳

    「ことば」だけではない相手の論理や概念や...

    外国語を学ぶことは、新しい世界を学ぶこと。

    外国語を学ぶことによって、その人自身の地...

    インモース先生とのインタビュー:外国語の習得法

    外国語を学びたいなら、机の前にすわって努...

    英語の書き方と手順の書籍

    英語小論文の書き方―英語のロジック・日本...

    読むための荒療治と努力

    日本語を捨て、英語を英語のままで、その語...

    理解の手助けとなる文法用語

    “文法用語”をある程度暗記し、理解しないこ...

    英単語のアクセント

    英単語は、英単語のリズムでしゃべること。...

    聞き取り練習方法

    単語をつかまえると同時に、そのイメージを...

    目的意識と問題意識を持って読む

    (このページの要点は?この章の大意は?章...

    英語を学ぶならこんなふうに

    英語を学ぶなら、こんなふうに―考え方と対...

    自分の中の他人の知恵を結集させる

    ビジネス界では異業種の交歓が活発に行われ...

    失敗に向き合うこと

    失敗という壁は、そのままにしておくと、よ...

    基本を丁寧に、そして深く

    基本を丁寧に掘り下げることで、40の子も65...

    物差しは、沢山ある

    自分の行動を自分の物差しだけで測ることを...

    十年続くものは、才能の証拠

    作家の遠藤周作は、「作家になりたかったら...

    独自性と継続性

    トップに立つと言葉ではいうけれど、どの世...

    緊張と弛緩と遊びと工夫

    緊張しつつリラックスする――それが自分の力...

    型を何度も繰り返し、身体で覚える

    英語では、文法が型となる。文法と単語とロ...

    まずは目の前の単純な物事を処理していく

    どんなに複雑に見える物事も、一つひとつを...

    現在の意志が未来を作る

    「will」は未来形ではなく、現在の主体の意...

    壁を越える技術

    壁を越える技術posted with ヨメレバ西谷 ...

    英語をものにするための三つの条件

    かんたんな言いまわしをたくさんおぼえる。...

    英語を書くことの始め方

    日本語で書く毎日の覚え書きのようなものに...

    『驚くほど身につく英会話』

    ごく初級向きには、『驚くほど身につく英会...

    『音読で英文法をモノにする本』

    タイトルは「英文法」となっていますが、文...

    50回の音読

    とにかく、テキストを何回も声にだして読ん...

    ユニークな文法書

    日本人が英語を学ぶうえで非常にありがたい...

    聞くこと、読むこと

    「聞く」ということを上達させるには、「耳...

    英語力の向上と読むこと

    英語の学習には動機づけが大事だとよくいい...

    ウェルニッケ言語野の反応箇所の違い

    英語ができる人には、脳のなかに“英語担当...

    40歳からの英語独学法

    「読んで身につけた」40歳からの英語独学法...

    文法用語のためのオススメ教材

    英文法用語がわかる本 (研究社ブックス―get...

    文法のためのオススメ教材

    ぜひ買い揃えたい1冊である。そしてこれさ...

    英語の知識のためのオススメ参考書

    辞書という本を「読む」技術 (研究社ブック...

    最初に過去問

    最初に買う本は、何といっても、カコモン、...

    文法と語彙

    過去の私の学習歴をふり返って、最も効果的...

    英語と英会話の違い

    「英語は学問的」であるが、「英会話はスポ...

    ライティングのためのオススメ教材

    コペルニクス英作文posted with ヨメレバク...

    単語の発音:暗記の積み重ね

    私の体験から学習者にアドバイスしたいこと...

    発音記号

    「発音記号」とは、文字だけで音を伝え、ネ...

    英語の音読

    いわば、日々のストレッチや軽い体操のよう...

    英語をモノにしたい人の最短学習法

    今度こそ本気で英語をモノにしたい人の最短...

    チャンキング:単位に細かく分けて記憶する

    チャンク(単位)をまとめることを「チャン...

    高原現象と休憩

    学習心理学では、「高原現象」(英語ではプ...

    『全脳型勉強法のすすめ』

    「論理は論理、イメージはイメージでバラバ...

    「朝5分」のスピード記憶法

    第1ステップとして、睡眠に入る前の30分で...

    ○をつけるだけで覚える方法

    実は、この方法の骨子は、受験塾「コロンブ...

    記憶のレミニッセンス

    いずれにしても、ものごとはそれを覚えた直...

    九九式記憶法:音読記憶法

    試験などで、絶対に覚えなければならない事...

    頭出し記憶法

    いざ知識として引き出すときには、なんらか...

    記憶力と選択性

    「記憶は選択能力を持っている」(記憶の選...

    心理学者ルリアとシェレシェフスキー

    心理学者ルリアは、1968年に『偉大な記憶力...

    「朝5分」超記憶勉強法

    図解 人生が変わる「朝5分」超記憶勉強法 (...

    フェイルセーフ思考

    神ならぬ身である人間がやることであるので...

    本をカスタマイズ

    いろいろな意味でカスタマイズ(自分として...

    自分に合ったやり方を徹底的に追求する

    孫子の兵法にいう「己を知れ」である。たと...

    過去問の研究

    いわゆる「過去問」(過去に出題された問題)...

    語学学習の目的

    私の語学学習には、「情報のチャンネルを増...

    読書:問題意識とキーワード

    問題意識を持って本を読んでいると、たとえ...

    必要な箇所だけを読む読書

    本を読むときも、自分が必要と思われる箇所...

    悩み事や雑念の解決法

    何が原因で悩んでいるのか、それを逐一メモ...

    心理学を学ぶ

    心理学を学ぶことによって、自己をうまくコ...

    勉強の方法と工夫

    学ぶことが嫌い、不得手という人は、頭脳の...

    自覚と確認

    目標の達成は目標の自覚と確認の度数の多さ...

    何度も繰り返すことで潜在意識に刻み込む

    重要なのは、潜在意識は何度も繰り返さなく...

    潜在意識の活用

    私が自分の目標達成のためにしてきたいろい...

    本書の活用法

    本書は、その内容を理解すること自体が目的...

    スーパー「10倍 速学術」

    この実績が証明するスーパー10倍速学術―こ...

    指導力

    人間が手に入れられるものはその場限りのも...

    大切なのは粘り強さ

    新規販売の80%は、同じ潜在顧客にかけた5...

    自己鍛錬

    ハリー・トルーマン大統領が言うように、「...

    成功への勇気

    チャールズ・リンドバーグは、「成功はその...

    間違いは失敗ではなく、成功への足がかり

    リーダーシップの専門家ウォレン・ベニスが...

    行動とリスク

    ジョン・F・ケネディ大統領は、「行動は危...

    人間成長の基本は行動

    学び続けているにもかかわらず、人生に何の...

    成功へのガイドラインをしっかり守る

    頭の中だけではダメ、必ず紙に書くこと自分...

    行き先と、その道のり

    哲学者で、詩人でもあったラルフ・ウォルド...

    積極的に可能を見出す

    最高裁判事ルイス・D・ブランダイス(ブラ...

    人生の捉え方

    「人生についてどう考えるかによって人生の...

    限界は、赤信号ではない

    『いかにして自分の夢を実現するか』(稲盛...

    夢だけでは成功できない

    知性、才能、教養、技術力、チャンス、努力...

    夢に見た旅を実現する

    本当に重要なことなら、なんとか時間とお金...

    自らの可能性へのアドバイス

    セオドア・ルーズベルト大統領の言葉が良い...

    自分の人生の目的・使命

    自分の人生の目的を知ることは、何よりも重...

    成功とは

    ① 自分の人生の目的を知り、② 潜在能力を...

    富は成功の付随物

    古代イスラエルのソロモン王は、史上もっと...

    メンターとは

    もともとは、ギリシア神話のメントール(ト...

    夢を実現する戦略ノート

    夢を実現する戦略ノートposted with ヨメレ...

    沈着さと前進

    高さや前進をめざすと、まずいやなことが起...

    幸福の二つの判断

    一つは、毎日喜んで自分の運命にしたがうこ...

    自分自身の考えが、「虐待する」

    あなたをののしったり、打ったりする人があ...

    幸福と自由の根源は、心の平静にある

    “幸福と自由とを生みだすただ一つの根源”は...

    一瞬の決心

    大事なのは、行動に出る決心が、いつでもた...

    止める、よりも、身に付ける

    消極的に、“悪い習慣”をやめようと努力する...

    働きたくて働く人の労働時間

    人間の生理に最も適した働きかたとして、ヒ...

    行為と時間の捉え方

    「はじめに時間ありき」ではなく、「はじめ...

    繰り返しの連続

    頭脳労働の能率を上げる決め手は、何度も繰...

    今日は今日のために、明日は明日のために

    聖書のマタイによる福音書六の三四に出てい...

    ただちに仕事に取り掛かること

    準備不足や体の調子、気分などを口実にせず...

    ヒルティの仕事観

    仕事は創造と完成の喜びを人に与え、社会の...

    仕事への姿勢

    とにかく、遊びと感じられるくらいまで、仕...

    人生のヒント・仕事の知恵

    ヒルティの『幸福論』から私が学んだ人生の...

    弱点補強の戦略システム

    1 少しでもよくする2 サポートシステム...

    自らの人生を歩む

    ベネディクト修道会の副修道院長は、自らの...

    カール・ユング:批判について

    1930年代、著名な思想家および心理学者のカ...

    才能を確認する手掛かり

    その三つとは、切望、習得の速さ、満足感だ...

    活かして愉しい才能

    才能は持ち主に、その才能を「活かしたい」...

    講演のための原則と技術

    1 まず最初に、何について話すか明らかに...

    強みとなる隠れた才能を見つける方法

    それは客観的な眼でしばらく自分を見つめる...

    真の強み

    常にうまくいき、満足感が得られる場で発揮...

    自らの行動を分析し、生産性を上げる

    全員に共通して言えるのは、みな繰り返され...

    強みを探すこと

    本書を読むことで、まずこれまでのものの見...

    さあ、才能に目覚めよう

    さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5...

    「生きがい」を考える6冊の本

    夜と霧 新版posted with ヨメレバヴィクト...

    20-10テスト

    コリンズは、自分の人生 ―― 特に仕事 ―― を...

    ゲーム

    ゲームとは研究活動が最も高まった状態であ...

    遊びと仕事

    遊びの逆は仕事ではない。抑鬱だ。遊びとは...

    バランス感覚を高める5冊の本

    Beethoven's Anvil: Music In Mind And Cul...

    比喩と人間の脳

    比喩は、一部の認知科学者が「想像力の合理...

    調和:シンフォニー

    シンフォニーとは、バラバラの断片をつなぎ...

    物語の感性を磨く3冊の本

    Story: Substance, Structure, Style and t...

    世界銀行のスティーブ・デニング

    「物語は分析的思考に取って代わるものでは...

    ハリウッドのロバート・マッキー

    映画の脚本を書こうと思う人なら誰でも、ま...

    認知科学者:ドン・ノーマン

    ―― 物語には、形式的な意思決定の方法では...

    認知科学者:ロジャー・C・シャンク

    観念的に言えば、人間は論理を理解するよう...

    認知科学者:マーク・ターナー

    「語りによるイメージ作り、すなわち“物語”...

    世界的デザイナーのカリム・ラッシド

    ▼7 「やれたはずなんだけど」とは決して...

    デザインとポール・スミス

    正しく利用すれば、デザインは生活の質を高...

    MFA(Master of Fine Arts)

    すなわち、美術学修士は、GMでさえ、「我々...

    ポール・ブローカとカール・ヴェルニッケ

    1860年代にフランスの神経学者ポール・ブロ...

    「ハイ・タッチ」

    他人と共感する能力、人間関係の機微を感じ...

    「ハイ・コンセプト」

    パターンやチャンスを見出す能力、芸術的で...

    六つの重要な資質

    「六つのセンス」とは、デザイン、物語、調...

    ハイ・コンセプト

    ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す...

    エレガントに胸の内を放出する

    『徒然草』にものいわぬは腹ふくるるわざな...

    全てを言わずに、敢えて残す

    菊池寛は“みんなすっかりわかるように話し...

    池田潔の『自由と規律』

    日本人でパブリック・スクールの生活を経験...

    蓄積と破壊と再構築

    われわれはだいたい知識は多いほどよいとい...

    心身の調和と日常

    日常生活の改造なくして知的生活はあり得な...

    西田幾多郎の業績とライフワーク

    西田幾多郎は、日本が生んだもっともすぐれ...

    ライフワークの思想

    ライフワークの思想 (ちくま文庫)posted wi...

    目的達成時と、ピーター・ドラッカーの言葉

    「目的を達成した時は、お祝いをする時では...

    願望と目的と計画

    アメリカの社会学者ロバート・キング・マー...

    レッドオーシャンとブルーオーシャン

    経営学では、競争の激しい既存市場を「レッ...

    良い姿勢のポイント:丹田と百会

    よい姿勢を保つポイントは、おへその下あた...

    メラビアンの法則

    人の印象を決定づけるものは、アメリカの心...

    義務から自発への変化

    相手が抱いている「しなくてはいけないから...

    オートクライン現象

    「あなたの伝えたいことは、こういうことで...

    宣伝効果を上げるための状況判断

    社会を揺るがすような大きな事件の最高裁の...

    「フォーカル・ポイント」ブライアン・トレイシー著

    「体格や年齢・人種・性別・学歴は関係ない...

    ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣

    ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣...

    時間の作り方

    これまでしていたことをやめれば、ヒマはで...

    先に行い、気を軽くする

    寺田寅彦は、原稿を頼まれて承知すると、す...

    フェスティナ・レンテ(Festina lente):ゆっくり急げ

    ゆっくり行くことを怖れるな(中国)ゆっく...

    人生を愉しむ知的時間術

    人生を愉しむ知的時間術―“いそがば回れ”の...

    発言者ではなく、発言内容を重視

    おまえに言われたかぁねえよ、というありふ...

    想定と客観性からの即決

    自分を客観視でき、業界や組織のなかで自分...

    説得やプレゼン時の発想

    自分が何を言いたいのかではなくて、相手の...

    報告をまとめるための4つの要素

    何かについての報告をまとめるためには、4...

    仕事と趣味の違い

    仕事として成立するものとしないものを分け...

    質問と回答の比重

    質問のほうが100%大切で、回答は仮説の裏...

    的確なメモのための3原則

    第1原則は、「自分の記憶力に対する正確な...

    『使えるレファ本150選』

    『使えるレファ本150選』では、私自身がお...

    知的ストレッチの基本3原則

    1、インプットは必ずアウトプットを前提に...

    知的ストレッチ入門

    知的ストレッチ入門―すいすい読める書ける...

    米ドルMMFの利用

    円をドルに換える場合はいつも私がお勧めし...

    物事の前提と本質を考察する

    つまり、給料が増えないのは仕方無い、だか...

    澤上篤人氏のさわかみファンド

    運用責任者が個性的な考え方を持ち、そのオ...

    著名な投資家と一般投資家の違い

    そもそも著名な投資家たちにとって、相場商...

    長期投資に幻想を抱かない

    一般に、時間軸が長ければ長いほど、投資収...

    失敗することも計算に入れて置くことが前提

    よく投資に失敗した人の話を耳にしますが、...

    お金の学校

    現役プライベート・バンカーが教える!お金...

    生活と仕事と知的生活

    アーノルド・ベネットも言う。「何よりまず...

    Amazon Prime



    title
    tag

    推薦図書 表紙 link デジタルコレクション 便利ツール YouTube 

    Ad



    プロフィール

    bookback

    Author:bookback
    1981年東京生まれ。静岡育ち。

    訪問者数