FC2ブログ
    1. » 効率が10倍アップする新・知的生産術

    2.            

    効率が10倍アップする新・知的生産術


    勝間和代 KATSUMA Kazuyo 公認会計士

    1968年 東京生まれ。
    慶應義塾大学商学部卒業。
    アーサー・アンダーセン(公認会計士)
    マッキンゼー(戦略コンサルタント)
    チェース銀行及びJPモルガン証券(ディーラー・証券アナリスト)
    などで、勤務。
    スポンサーサイト



    Gmail の転送機能の有効活用

    常に Gmail に転送されるように設定しているのです。
    返信についても、どのアカウントから出す場合でも、BCC で自分の Gmail アカウントに転送しています。

    P 51

    フレームワークの適用で分析する

    ビジネス用語だと
    戦略の3C(Customer, Company, Competitor)や
    マーケティングの4P(Price, Place, Product, Promotion)なども、思考のフレームワークです。

    P 66

    他者との比較による自己の分析

    何かと比べることで自分の過不足を探すことを
    「ベンチマーク」と呼びますが、自分のやり方を絶えずベンチマークしていくわけです。

    P 81

    本という有効な情報の媒体

    理由① 多くの本の企画の中から厳選・編集された良質なコンテンツであること。

    理由② 著者が自己実現のために書いている場合が多く、採算度外視で安価なこと。

    理由③ 一覧性にすぐれており、かつ携帯性が高いこと。

    P 87

    本の本

    良質な情報を手早く手に入れられるということを考えると、本ほど効率的で安価なものはないのです。

    P 89

    大量×速度=良質という図式

    情報は、一定量を集めると質に転換します。
    〈中略〉
    大量の情報を頭に入れることで、質への転換を加速させるのです。

    P 164
    Amazon Prime



    title
    tag

    推薦図書 表紙 link デジタルコレクション 便利ツール YouTube 

    Ad



    プロフィール

    bookback

    Author:bookback
    1981年東京生まれ。静岡育ち。

    訪問者数