FC2ブログ
    1. » 英語の辞書の使いかた

    2.            

    英語辞書の使いかた


    外山滋比古 TOYAMA Shigehiko 英語英文学専攻 大学教授

    1923年 愛知県生まれ
    1947年 東京文理科大学英文科卒業

    東京高等師範学校附属中学(現・筑波大学付属中・高校)教諭
    雑誌『英語青年』編集
    東京教育大学助教授、お茶の水女子大学教授を歴任。
    スポンサーサイト



    辞書をひくという行為

    裸の意味に、当面の文脈に合った着物をきせてやる。
    これが辞書をひくということである。それができなければ、ひいても本当にひいたことにはならない。

    P 120

    漢字と外来語

    外国語をもとに日本で工夫されたものが、
    中国へ渡って、中国語になった例はたくさんある(この部分は鈴木修次『漢語と日本人』に負っている)。

    P 130

    <備考・参照>

    注意する語尾

    語尾にはいつも気をつける。それができない人は外国語に上達しないといってよい。

    P 142

    文章の主題を把握する過程

    二度でそれができなければ、三度通読する。

    「ゆっくり急げ!」これが外国語を勉強するときの心がけである。

    P 159

    英語と日本語の関係の伝記

    『英和中辞典』はいまも生命をもっている。昭和八年、岩波書店が出版元となり現在に至る(この稿は、大村喜吉氏『斎藤秀三郎伝』に負うところが多い)。

    P 185

    斎藤秀三郎伝―その生涯と業績斎藤秀三郎伝―その生涯と業績
    (1960/10)
    大村 喜吉

    商品詳細を見る

    和文和訳という思考過程の中間点

    和文英訳には、まず、和文和訳をして、なるべく自分の知っている単語や構文の範囲へ原文をひきよせる。

    三角形の面積は、底辺と高さによってきまるから、この二つさえ等しければ、どんな形をした三角形も同面積である。

    それとにたことを和文和訳でもする。

    P 200
    ※太字の用語は、本文には傍点が付記されている。

    辞典の使いどき・使いどころ

    いろいろと和文和訳の工夫をしてみて、
    もうこれ以上の知恵は出ないというところまできて、わからない単語があったら、和英辞典に当たる。

    これが賢明な使い方である。

    英和辞典もそうだが、やみくもにひいても結果はよくない。

    P 201

    ホレーショの哲学、竟に何等のオーソリチィーを價するものぞ

    『ハムレット』第一幕第五場に、ハムレットが親友ホレイショーに言うせりふがある。

    There are more things in heaven and earth, Horatio, than are dreamt of in your philosophy.

    ホレイショーは哲学の学生だが、まだ自分の体系をもったりする哲学者ではない。

    とすれば your philosophy を「きみの哲学」とするのはおかしい。

    このことばには、「きみたちのいう、例の」という多少、軽べつや非難の気持ちをこめたいい方がある。

    「きみの哲学」ではなくて、「哲学なんか(に)」の意味になる。

    your にこういう高等?な意味のあることは、明治の日本人は知るべくもない。

    それを多感な青年が最後のことばに引用したところから、歴史に残る逸話が生まれた。

    いまの人間がそれを笑うことはできない。

    抜粋 P 53/54

    英語は名詞構文、日本語は動詞構文

    名詞中心の表現をかりに名詞構文、動詞中心にもの言うのを動詞構文と呼ぶならば、
    英語には名詞構文が多く、日本語はどちらかというと、動詞構文が多い、ということができるように思われる。

     「スミス氏は日本語を流暢に話します」

      Mr. Smith speaks Japanese bery fluently.

    英語は名詞構文が好きなのだから、動詞構文を名詞構文に転換してみる。

      Mr. Smith is a fine speaker of Japanese.

    日本語を英語に、また、逆に英語を日本語にするときには、こういうように、動詞構文と名詞構文の転換をしなくてはならないことがすくなくない。

    抜粋 P 109/110
    Amazon Prime



    title
    tag

    推薦図書 表紙 link デジタルコレクション 便利ツール YouTube 

    Ad



    プロフィール

    bookback

    Author:bookback
    1981年東京生まれ。静岡育ち。

    訪問者数