FC2ブログ
    1. » 商売の原則

    2.            

    商売の原則


    邱永漢 KYU Eikan  直木賞作家・経営コンサルタント
    1924年 台湾台南市生まれ。父は台湾人実業家。母は久留米生まれの日本人。
    1937年 13歳のとき台北高校尋常科に入学。
    1942年 来日。
    1943年 東京大学経済学部入学。
    1945年 東京大学経済学部を卒業後、東京大学大学院で財政学を研究。
    1946年 大学院を中退して台湾に戻る。
          土建会社経営や中学の英語教師や銀行のシンクタンク研究員を経験。
    1948年 台湾独立運動に関係して中国国民党政府から逮捕状が出たため香港に亡命。
    1954年 「密入国者の手記」が山岡荘八や村上元三から激賞され、「大衆文芸」誌で作家デビュー。
    1955年 小説『香港』で第34回直木賞を受賞。外国人として最初の直木賞受賞者である。
    2012年 東京都内の病院で、心不全のため逝去。
    スポンサーサイト



    万古不変の法則:借金と利息と投資に関して

    私は、かねてから、「借金の利息の払えない投資はしない」という戒めを自分に課していました。

    P 29

    分割できる不動産と分割できない不動産

    「細かく割れない不動産は持たない」ということです。

    たとえば分譲マンションなどだったら、百億で買ったものでも、二千万ずつ五百軒に分けて売れば、買える人はいくらでもいます。これは不動産に限らず、株などにも言えることでしょう。

    P 30/31 抜粋

    人がいるところの不動産、人がいないところの不動産

    「人のいないところには投資しない」ということです。

    当然のことではないかと思われるかもしれません。が、現実はどうでしょうか?北海道の原野を売り出したら、安いからと買い手が殺到したとか、そこまで極端でなくとも、都会から離れたリゾート地の不動産も、都会にくらべて安いから、将来性があるからと一時期ブームまでになりました。

    P 31

    中国の俗な諺:自惚れに関して

    中国の俗なことわざに、「女は自分が不美人であることをなかなか理解しない。男は自分がバカであることをなかなか理解しない」というのがあります。

    要するに、男も女も、うぬぼれが強い。自分のことを棚に上げて、人のことはツベコベ言いたがるんです。

    P 37

    損失の範囲・対処法を前もって検討しておくこと

    損の計算をしっかりとしなさい――これは、私がいつも強調するところなんです。それができない人は、商売で成功することはむずかしいといっていいでしょう。ところが、自分ではなかなかわからないから、いい夢ばかり見て、商売を始める。結局、だれかが尻ぬぐいしなくてはならないことになるんです。

    P 79

    商売を成功させるコツは、お客を気持ちよくさせることにつきる

    商売で成功する秘訣は、簡単にいえば、一度きたお客がもう一度きてくれるように仕向けることなんです。常連客をいかに早くふやすかということです。

    商売がうまくいかなくなる理由はたくさんありますが、うまくいくための条件はたった一つしかない。それはお客さんを気持よくさせることです。

    P 138/139 引用

    成功は苦しみの結果、失敗は油断の結果

    だから、商売が行きづまって、バンザイというときでも、けっしてあきらめないで、出せるだけの知恵をふりしぼってみることです。とくに二十代、三十代の失敗はそんなに悲観することはありません。気力と体力がつづくかぎり、まだまだ挽回するチャンスはいくらでもあるはずです。途中で投げ出さないことが成功へのワンステップなのです。

    P 209

    経験者や税理士の話を聞いておく:借金と税法

    ともかく、お金を借りることと、税金を節約することは、ほかの人は代わりにやってくれないということを、肝に銘じておくべきです。

    P 257

    「商売」=「みんなに満足感を与える」=「みんなに感謝される」

    金儲けがうまい人は、どんな商売をやれば人から感謝されるか、また歓迎されるかを本能的に知っています。実際、ある商品がよく売れるという現象の背景には、お客の気持ちの中に、これを買うと役に立つ、得になる、不便を片づけてもらえる、楽しい、というようないろいろな要素があります。

    どれ一つをとっても、みんなに満足感を与えます。でなければ、だれもお金なんか払ってくれませんよ。

    P 271
    Amazon Prime



    title
    tag

    推薦図書 表紙 link デジタルコレクション 便利ツール YouTube 

    Ad



    プロフィール

    bookback

    Author:bookback
    1981年東京生まれ。静岡育ち。

    訪問者数