FC2ブログ
    1. » お金の現実

    2.            

    お金の現実


    岡本吏郎 OKAMOTO Shiro  経営コンサルタント・税理士
    1961年 新潟県生まれ

    明治大学商学部卒業。
    10年間の金融機関勤務を経て独立。
    株式会社ビジネスサポートあうん代表取締役社長。
    スポンサーサイト



    支出の平準化:確定している支出を積み立てる

    定期積金を利用して、必ずわかっている出費については積み立てて出費の平準化を図っているのだ。
    「◯◯があったから根源はお金が足りない……」
    こういう言葉が出ないようにするのが家計のリスク管理だ。

    P 53

    みんなが同じことを言う時には注意する

    みんなが決まったように同じことを言うときは、何かおかしいものだ。そういうときは、かならず「何か」がある。それをよく考えて欲しい。

    P 90

    ロジカルとエモーショナルの隙間

    このマトリックス表を作ってみて思ったが、多くの人はロジカルな話が嫌いだ。「株で一億円儲かった」という話は好きだが、グレアムの投資理論やモダン・ポートフォリオ・セオリーを好きな人はあまりいないだろう。

    P 104

    安田善次郎の語る「自らの向上と豊臣秀吉」

    善次郎は、豊臣秀吉の話を引用しながら
    「秀吉のごとき不世出の才を抱いていても、一足飛びに関白になったのではない。いわんや凡人の我々は一層の秩序、階段を経なければならぬと思う」と言っている。

    P 169

    実行した人:本多静六、安田善次郎

    「貯金は誰がやっても同じ結果になる」
    本多静六はそう言っている。そうなのだ。凡人がやっても天才がやっても同じ結果になるのだ。しかし、そういうものほど誰も実行しない。だから、気づいて実行する者だけがおいしい思いをする。どこにでもある構造だ。
    安田善次郎はそれを実行した。本多静六も実行した。

    P 178

    井原西鶴の「長者丸」と称した方針

    「朝起き5両、家職20両、夜詰め8両、始末10両、達者7両、この50両を細かくして朝夕飲めば、金持ちにならないことはない」
    これが「長者丸」だ。
    「朝は早起きして、仕事に精を出し、夜は遅くまで働く。節約と健康に気をつければ、誰でも金持ちになれる」と言うのだ。

    P 181

    本当に好きな事を続ける。お金はその次くらい。

    「金銭にこだわりすぎるゴルファーは三年、四年でプレイできなくなるね……」と言う。
    こう言う発言をするのはジャック・ニクラウスだけではない。『この人たちはなぜ成功したのか』という本には、レイ・チャールズやアイザック・アシモフなど各分野の成功者がお金が目的で仕事をしているわけではないことを語っている。

    P 193
    <備考・参照>

    納税と節税への対応

    確かに税金の使われ方の問題はある。しかし、それを考えるのは実務家の役目ではない。実務家がわかることは、変な節税をする人よりも納税は義務と考えて気持よく払っている人の方が成功しているという事実だけだ。
    ただし、人の作った税制というルールには落とし穴も多い。それにきっちり対応するのは別の意味で大切だ。

    P 229

    ノーベル経済学賞受賞者・人工知能の父:ハーバート・A・サイモンの言葉「10年」

    「私が行なった研究では、誰でも10年がんばらなければ、世界的水準には達することができないという結果が出た。ボビー・フィッシャーはチェスの大達人になるのに10年弱かかった。モーツァルトはもうちょっとかかっている」
    この人たちの説から考えると時給が急激に上がるのは10年以降らしい。これは私がつきあってきた経営者たちにもよく当てはまっている。

    P 239

    凡人は着実に長期的に

    お金を循環さ焦ることを考えながら10年単位でステップを上げていくやり方は、私のような凡人には向いている。天才的な人は短期でガンガン稼ぐだろう。

    P 241

    アクシデントが起きても、マイペースに

    しかし、アクシデントでイライラするのが最もまずい。それは自分のいつもの流れを分断することになる。一度流れを分断してしまえば、元に戻すのは大変だ。だから、いつも自分の調子の良いペースを崩さないことに細心の注意を払う。

    P 247
    Amazon Prime



    title
    tag

    推薦図書 表紙 link デジタルコレクション 便利ツール YouTube 

    Ad



    プロフィール

    bookback

    Author:bookback
    1981年東京生まれ。静岡育ち。

    訪問者数