FC2ブログ
    1. » 竹中式 マトリクス勉強法

    2.            

    竹中式 マトリクス勉強法



    竹中平蔵 TAKENAKA Heizo 大学教授 経済学
    1951年、生まれ。
    一橋大学経済学部卒。

    日本開発銀行、大蔵省財政金融研究所主任研究官を経て
    大阪大学、ハーバード大学、慶應義塾大学にて教鞭を振る。

    2001年、小泉内閣で経済財政政策担当大臣。
    2002年、金融担当大臣。
    2004年、郵政民営化担当大臣を兼務。
    2005年、総務大臣。
    スポンサーサイト



    目標と締切りと逆算

    私が言いたいのは、スケジュールを「逆算方式」で管理することは、勉強の予定のみならず、
    郵政民営化や不良債権処理など国家的な大プロジェクトの進行管理にも有効だということです。

    P 55

    簿記3級の威力

    とどのつまりGDP(国内総生産)は日本中の複式簿記の結果出てきた数字ということができます。
    ということは、簿記3級が完璧に分かれば、経済全体が分かるということなのです。

    現実にアメリカのビジネススクールの授業で、このことは教えられているのです。

    P 61

    実地での情報収集

    その国の住宅展示場に行ってみること。

    現地の人は、だいたいいくらぐらいの、
    どの程度の家に住んでいるのかが分かると、その国の実体経済の状況がつぶさに把握できます。

    P 74

    三人寄れば文殊の知恵、だけど。

    私の尊敬する先輩でもある
    日本開発銀行の設備投資研究所副所長をしておられた佐貫利雄さんは、いみじくもこう仰しゃいました。

    「バカは何人寄ってもバカである」。けだし、名言です。

    P 78

    トーマス・カーライルの言葉

    あの新渡戸稲造、夏目漱石も大いなる影響を受けたトーマス・カーライルは

    「大きなことをなそうとすれば、まず自分の針箱を整頓しろ」という名言を残しました。

    この文句は、折々に触れ思い出す、私の座右の銘の一つでもあります。

    P 113

    <備考・参照>

    トーマス・カーライル(Thomas Carlyle, 1795年~1881年)
    19世紀イギリスの歴史家・評論家。

    言い換え、パラフレーズ記憶法

    物事を記憶し、出力するうえで、役立つトレーニングがあります。

    それは、「paraphrase(パラフレーズ)」。
    聞きなれない言葉かもしれませんが、直訳すると「言い換え」です。

    たとえば、「AからBができた」といった文章があったとします。
    それを、「Bになる前はAだった」という具合に主語と述語を入れ替えるのです。

    抜粋 P115

    ただ、勉強不足の英語

    いや、むしろ読む力がないからこそ、聞くことも喋ることもできないともいえる。

    そして、読む力と書く力が圧倒的に不足しているのは、
    「読む量」がまだまだ圧倒的に足りないからだともいえます。

    P 127

    サーベイ論文とは

    特定の分野に関するこれまでの研究論文を総括し、
    残された未解決の問題や今後の発展方向などを展望する、いわば「まとめ論文」のこと。

    その作者が蓄積してきた知識が一つの論文に
    集約されているわけですから、運よく巡りあえたら「一生ものの宝」になります。

    P 178

    エンカレッジ精神と教育

    教育とは本来、あれをするなだのこれは危険だの、ネガティブリストをあげつらうのではなく、
    ああしよう、こうしようとポジティブリストを示唆してあげるものなのではないでしょうか。

    P 193

    仕事選びは、仲間選び

    仕事を選ぶうえでのポイントは、

    「何をするか」すなわち業務内容よりも、

    「誰と働くのか」つまりは仕事仲間の質にこだわることです。

    P 206
    Amazon Prime



    title
    tag

    推薦図書 表紙 link デジタルコレクション 便利ツール YouTube 

    Ad



    プロフィール

    bookback

    Author:bookback
    1981年東京生まれ。静岡育ち。

    訪問者数