FC2ブログ
    1. » お金の教養

    2.            

    お金の教養


    泉正人 IZUMI Masato  経営者・著作家

    日本初の商標登録サイトを立ち上げた後、不動産ポータルサイト、カフェ等を経営するかたわら、ファイナンシャル教育の必要性を感じ、ファイナンシャルアカデミーを設立する。
    スポンサーサイト



    「仕組み」仕事術

    才能、意志の力、記憶力に頼らず、全ての仕事を仕組み化して、誰が、いつ、何度やっても大きな成果を出すための仕組み化ノウハウの本。

    P 145
    <備考・参照>

    ほんの少しの額でも、実際に運用してみる

    どんなに小さい額でも、自分のお金を実際にリスクにさらすことで、経済にも興味を持ちますし、お金の流れや世界の天気について真剣に考えるようになります。
    そして、新聞を読んだり、さらに勉強したりと、より知識が身についていくものです。
    まずは、小さく始めてみて、その中で、自分に向いている投資方法を探し出していくとよいと思います。

    P 177

    分散せずに集中させるという手法

    世界一の資産家であるウォーレン・バフェット氏は、「分散投資は自分が何をやっているかわかっていない人のためのもの」と言っていますが、知識のない分野に分散投資するよりも、自分の得意分野を探して、その分野では誰にも負けないという知識を持つ方が、リスクが小さくなるのです。

    P 178

    フロー収入とストック収入

    お金の維持管理をしていく上で、とても重要な、収入に対する考え方があります。
    それは、お金に入り方には2種類あるとういことです。
    フロー収入とストック収入です。

    聞き慣れない言葉ですが、わかりやすく言いますと、次のようになります。

    フロー収入 = 毎月働いて、毎月入ってくる収入
    ストック収入 = 労働に関係なく、資産から入ってくる収入


    P 193


    お金を迂回させるという考え方

    たとえば、ブランドバッグが欲しいとき、手元にあるお金を使って、バッグを買うと、手元にあるお金はなくなり、お金はバッグに変わります。
    でも一度、お金を資産に迂回させ、資産からの収入(収益)でバッグを買えば、バッグと資産の両方を手に入れられるのです。

    P 197
    Amazon Prime



    title
    tag

    推薦図書 表紙 link デジタルコレクション 便利ツール YouTube 

    Ad



    プロフィール

    bookback

    Author:bookback
    1981年東京生まれ。静岡育ち。

    訪問者数