FC2ブログ
    1. » お金の原則

    2.            

    お金の原則


    邱永漢 KYU Eikan  直木賞作家・経営コンサルタント
    1924年 台湾台南市生まれ。父は台湾人実業家。母は久留米生まれの日本人。
    1937年 13歳のとき台北高校尋常科に入学。
    1942年 来日。
    1943年 東京大学経済学部入学。
    1945年 東京大学経済学部を卒業後、東京大学大学院で財政学を研究。
    1946年 大学院を中退して台湾に戻り、土建会社経営や中学の英語教師や銀行のシンクタンク研究員を経験。
    1948年 台湾独立運動に関係して中国国民党政府から逮捕状が出たため香港に亡命。
    1954年 「密入国者の手記」が山岡荘八や村上元三から激賞され、「大衆文芸」誌で作家デビュー。
    1955年 小説『香港』で第34回直木賞を受賞。外国人として最初の直木賞受賞者である。
    スポンサーサイト



    原則に立ち戻る

    「お金を貯めるにはお金を使わなければいい」といった天然自然の原理のような「お金の原則」は、バブルの前も後も変わりようがない。原則とは、変わらないから原則であり、当たり前に見えるがゆえに、意外に忘れられやすい。

    P 18

    時間の有効利用と貯金

    とくに若い人は、時間があり余るほど残されているわけですから、それをどう有効に使うかを考えてほしい。どうせお金はないんです。ないお金に心をくだいても仕方がない。それより、時間をうまく使う工夫をするんです。それが、お金を貯めることにもつながっていきます。

    P 46

    貧すれば鈍する

    人間はお金がないと思考力が鈍り、仕事に対するエネルギーもなくなってきます。長いあいだ貧しい生活をしていると人間性まで貧しくなってしまうんです。

    バルザックの作品の中に、こんなセリフがあります。
    「あなたのポケットにあるお金を私に見せてください。そうしたら、あなたの思想を当ててみましょう」

    人間は、懐がさびしくなった分だけチエがなくなるし、豊かになって余裕ができると、考えることにも冴えが出てくることを、バルザックは指摘しているのです。

    P 54

    お金を貯めるということ

    お金を貯めるというのは、余ったお金を貯金することではなくて、貯金を優先させることだからです。

    つまり、貯金ができるかどうかは、収入の多寡とは、まったく関係がないと考えてよいでしょう。

    P 70

    百万円の一塊

    私は、とりあえず百万円貯めてみなさいとすすめています。こう言うと一万円札を一枚ずつ貯めればいいんだなと誰でも思うでしょう。ところが、実際には、一万円掛ける百と、貯めて百万円とでは実感が違います。百万円貯まると、なんとなく一つの塊になって、くずせなくなるんですね。

    P 77

    理想てきな仕事とお金の図式

    仕事がおもしろいから一生懸命働く。働くからお金もはいってくる。―― こうした図式が理想なんです。ですから、お金を貯めようと思うなら、まず、自分が一生をかけられる仕事、天職を見つけなければならない。つまらないと思いながら仕事をつづけていたのでは、お金は貯まらないものです。

    P 148

    四十歳くらいまでは挑戦

    よく若気の至りといいますが、これは、私の感じでは、四十歳までじゃないでしょうか。四十歳までなら、職業でも利殖でも、積極的に挑戦していいのではないかと思います。

    P 174

    借りるお金の利用

    金持ちになる人は、みんなお金を借りて成功しているのです。そうした金融機関をうまく利用しきれない人は、大きな事業はできないし、お金に困るたびに友人のところに駆け込んだりすると、遅かれ早かれ、金銭的に追いつめられてしまいます。

    P 219
    Amazon Prime



    title
    tag

    推薦図書 表紙 link デジタルコレクション 便利ツール YouTube 

    Ad



    プロフィール

    bookback

    Author:bookback
    1981年東京生まれ。静岡育ち。

    訪問者数