FC2ブログ
    1. » 株の原則

    2.            

    株の原則


    邱永漢 KYU Eikan  直木賞作家・経営コンサルタント
    1924年 台湾台南市生まれ。父は台湾人実業家。母は久留米生まれの日本人。
    1937年 13歳のとき台北高校尋常科に入学。
    1942年 来日。
    1943年 東京大学経済学部入学。
    1945年 東京大学経済学部を卒業後、東京大学大学院で財政学を研究。
    1946年 大学院を中退して台湾に戻り、土建会社経営や中学の英語教師や銀行のシンクタンク研究員を経験。
    1948年 台湾独立運動に関係して中国国民党政府から逮捕状が出たため香港に亡命。
    1954年 「密入国者の手記」が山岡荘八や村上元三から激賞され、「大衆文芸」誌で作家デビュー。
    1955年 小説『香港』で第34回直木賞を受賞。外国人として最初の直木賞受賞者である。
    スポンサーサイト



    株式投資は、精神修養

    株式投資には、自分を抑える克己心が絶対に必要だということです。株式投資は、金儲けではあるけれども、精神修養でもあるのです。金儲けを実現するためにあ、相当、自分の心をコントロールできないといけない。のぼせあがったら、収拾がつかなくなります。

    P 30

    財産三分法とお金持ちと貧乏人

    財産三分法は、大正時代から昭和十年ごろまで、日本の貨幣価値があんまり変わらなかった時代の、しかも、お金持ちの人に対するアドバイスなんです。貧乏人が財産を三分したら、なにも残らなくなってしまいます。

    世の中がどういう方向に動いているかによって、バランスを変えたほうがいいと思うんです。それから、もう一つは、お金のない人が、お金持ちと同じようにやってはいけないんです。

    P 46

    株式投資と人気投票

    株式投資には業種を見ることもたいせつですが、ファッショナブルといいますか、人気投票的な要素が強いんです。だから、いつも私は、株式投資は美人コンクールだ、といっています。

    P 52

    少なく株式投資、多ければ投資信託

    せいぜい三本勝負まででしょう。それ以上やったら、株をやっているうちにはいらんですよ。是川銀蔵さんが全盛時代手がけていたのは本田技研と不二家と丸善石油の酸銘柄です。もっとも、かつては一本勝負でした。

    P 79

    休むも相場

    売った買ったをやるだけが株じゃない。ある時期は、株を一株も持たずに、なにもしないで、ただ見ているのも株式投資なんだ、という意味です。これがすごくむずかしい。なかなかできないことなんです。

    P 137

    シロウト考えの重視

    「初めてやるんだから、シロウトに決まってるじゃないか。だいたい、クロウトってなんですか。シロウトが何十年も経験を積んだだけのことじゃないですか。もし、経験が株式投資の役に立つなら、兜町は年の順に金を持っているはずでしょう。とうして、そうなっていないのですか」

    経験を積んだからといっても、その経験は、あくまでも過去のものであり、未来の経験じゃない。まったく同じことがくり返された場合には、経験が役に立つかもしれませんが、むしろ邪魔になる場合が多いんです。

    P 147

    多角的な問題意識

    人間、問題意識がないと、ものごとを捉えられないものです。私なんかが、今日成り立っているのも、問題意識を多角的に持っているからなんです。アンテナをはっていてそれに触れたら、あっ、こんなこともあったのか、こうだったのか、という具合に頭のなかにはいってくる。

    P 182

    情報の加工作業

    情報というのは加工しなければ、あくまで単なる情報で、それがそのまま役に立つかどうかはわからない。ナマの情報を実際に役立たせるためには、やはり高度な判断に基づいた加工作業が必要なんです。

    P 209

    予感を鍛える

    株をやるうえで、“カン”というのはたしかにだいじな要素ですが、それは霊感的なものでなく、どこでどういうことが起こりそうだという“予感”です。それは単に株をやるだけでなく、あらゆる事業をやるうえで必要なものです。そればかりか、学問をやるうえでも必要でしょう。

    P 228

    修正と転換

    自分の思っていることと反対のことや、常識から考えると信じられないことが起こった場合、それが世の中の新しい傾向かもしれないのです。それをきっかけとして、もしかしたら、いままでの常識を百八十度、修正する必要があるかもしれない。そう考えるべきなんです。

    P 229
    Amazon Prime



    title
    tag

    推薦図書 表紙 link デジタルコレクション 便利ツール YouTube 

    Ad



    プロフィール

    bookback

    Author:bookback
    1981年東京生まれ。静岡育ち。

    訪問者数