FC2ブログ
    1. » 仕事で成長したい5%の日本人へ

    2.            

    仕事で成長したい5%の日本人へ


    今北純一 IMAKITA Jyunichi  経営コンサルタント
    1946年 生まれ。
    1968年 東京大学工学部応用物理学科、卒業。
    1970年 同大学大学院化学工学科、修士課程修了。
    1972年 旭硝子中央研究所研究員。米ニューヨーク州立大学留学、英オックスフォード大学招聘教官を経る。
    1977年 スイス・バッテル記念研究所研究員。
    1981年 仏ルノー公団未来商品開発室長。
    1985年 多国籍企業エア・リキード・グループに在籍。
    1995年 仏政府より「国家功績勲章」を受章。
    1999年 欧州系コンサルティング会社CVA(コーポレート・バリュー・アソシエーツ)
    パートナー兼日本関連プロジェクト統括マネージング・ディレクター。パリ在住
    スポンサーサイト



    ユーモアと心の余裕

    ヨーロッパの人を見ていると、ユーモアがない人は知的キャパシティや知的好奇心が小さい人だという共通認識があるような気がします。要は、そいうことを可能にする「心の余裕」が重んじられている、ということでしょう。

    P 74

    ピーターの法則

    「階層社会においては、有能な人間も能力の限界まで出世して、無能な管理職となる。無能な人間はその地位にとどまり続ける。よって、すべての階層は無能な人間で埋め尽くされる」という、有名な「ピーターの法則」がありますが、組織に所属する構成員がみな、「ランキング」にとりつかれた考え方をする限り、この法則から逃れられないでしょう。
    P 95

    成長願望

    「成長願望」の方は、自らコントロールできるものです。自分なりの目標を設定し、それが達成された思えば次の段階に進めばいい。他人と比べる必要もない。これは精神的にとても健康な志向じゃないかと思います。
    P 95

    実践の知恵

    「ここでやったら沈没する」「ここはやらないとあとで沈没する」という判断は、一種の知恵だと思います。そして、こういった知恵は実践を通してしか身に付かないものです。本をいくら読んでも血となり肉とはならないのです。
    P 139

    語学と夢と情熱

    個人同士のコミュニケーションにおいて重要なのは、テクニカルな部分と、それから人間的な総合力の部分と二通りあると思います。

    テクニカルな部分で言うと例えば語学、基本的には英語の重要性が言われますが、これはコミュニケーションの片一方でしかりません。語学をきちっと使えるようになったとしても、夢とパッションを伝えるということになると、別次元の話になる。
    P 147

    探し続けること

    「探しまくっていれば、いずれ夢やパッションは見つかる。好きなことはどこかにある。人生は長いのだから、慌てる必要はない」。初めは半信半疑でしたが、今はこのことを確信しています。
    P 166

    ヨーロッパ言語を一つ身につける

    すべての基本は、英語でもフランス語でもドイツ語でも何語でもいいから、ヨーロッパの言語を一つマスターして、全人格をもってコミュニケートする能力を身につけることです。
    P 181

    人間の成長

    自分の成長に限界点というものはありません。「まだ足りぬ、学び学びてあの世まで」という江戸時代の川柳がありますが、人間の成長とは、この川柳の通りだと思います。
    P 203

    使命と展望と情熱

    「何を求める、風の中ゆく」。これは、流浪詩人として知られた山頭火の句です。人生とは、この句のようなものかもしれません。大それたことを成し遂げようなどと力まず、自分の身の丈にあったミッション/ビジョン/パッションのMVPをもって、仕事に本気で取り組んでいけば、成長は自然について来ます。
    P 203
    Amazon Prime



    title
    tag

    推薦図書 表紙 link デジタルコレクション 便利ツール YouTube 

    Ad



    プロフィール

    bookback

    Author:bookback
    1981年東京生まれ。静岡育ち。

    訪問者数