FC2ブログ
    1. » できる人の勉強法

    2.            

    できる人の勉強法


    安河内哲也 YASUKOCHI Tetsuya   東進ハイスクール英語講師
    1967年 生まれ
    浪人後、上智大学外国語学部英語学科、慶應義塾大学文学部に合格。

    TOEIC990点満点、英検1級、英検1級面接官、国連英検特A級、通訳案内業、韓国語能力検定試験1級、1級小型船舶操縦士などの資格を取得している。
    スポンサーサイト



    時間対効果

    仕事にしろ、勉強にしろ、結局のところ、どれだけ長い時間やったかではなく、1時間の間にどれだけたくさんやれたかが勝負です。つまり、時間対効果。これを極限まで高めていくことが重要なのです。
    P 55

    音読学習

    現在、音読は、東北大学の川島隆太先生なども述べられているように、脳科学的に見ても非常に効果の高い学習法であることが証明されています。

    私自身も、自分の経験から音読の持っている効果は実感しています。

    P 58

    作業ではなく、勉強を

    生徒のみなさんの勉強を見ていて思うのは、「作業」時間と「勉強」時間を混同している人が多すぎるということ。これは絶対に分けて考えなければいけません。
    P 64

    体を使った記憶法

    記憶はとにかく、「体全体を使って覚える」のが得策です。とりわけ、「目」「耳」「口」「手」の4つの部分を、全部とはいわないまでも、そのうちのいくつかを同時に使うと非常に効率よく覚えることができます。
    P 88

    エビングハウスの忘却曲線

    1885年にドイツの心理学者・エビングハウスが発表したものです。それによると、私たちは覚えた事柄を、学習してから30分後には40パーセント忘れ、24時間後には66パーセント忘れ、3日後は75パーセント、30日後には80パーセントを忘れてしまうそうです。つまり、1ヵ月後には、学習したことの20パーセントしか覚えていないのです。
    P 93

    初心者のための参考書選び

    初学者の場合におすすすめなのは、大事なコアの部分がコンパクトに詰め込まれたもの。こうした参考書を選ぶのがいちばんです。このような参考書を選ぶコツとしては、薄いこと、そして、過度に情報が詰め込まれていないこと。これらを目安にするといいでしょう。
    P 105

    小学生用の本の利用

    私は、英語以外の勉強では、小学生レベルの読み物とか参考書もよく使います。なにせ、小学生レベルのものは、わかりやすく一気に読めますから。
    P 133

    集中力の欠如

    「まわりがうるさいから勉強ができない」という人がよくいます。しかし、静かでないと勉強できないといっている時点で、集中力欠如といっていいでしょう。集中力があれば、ファミリーレストランであろうが、ファーストフード店であろうが、工事現場の横だろうが、どこでも勉強できるはずです。
    P 148
    Amazon Prime



    title
    tag

    推薦図書 表紙 link デジタルコレクション 便利ツール YouTube 

    Ad



    プロフィール

    bookback

    Author:bookback
    1981年東京生まれ。静岡育ち。

    訪問者数