FC2ブログ
    1. » 知的人生に贈る

    2.            

    知的人生に贈る


    田中菊雄 TANAKA Kikuo   英語学者・岩波英和辞典の著者
    1893年 北海道小樽市生まれ
    山形大学、神奈川大学にて、教授として歴任。
    1975年 逝去


    渡部昇一 WATANABE Shoichi  英語学
    1930年 山形県鶴岡市、生まれ
    1949年 上智大学文学部英文科、入学
    1953年 上智大学文学部英文科、卒業
    1953年 上智大学大学院西洋文化研究科、入学
    1955年 上智大学大学院西洋文化研究科、修士過程卒業
    1955年 上智大学大学院西洋文化研究科、助手任命
    1955年 ドイツ・ミュンスター大学留学
    1958年 ドイツ・ミュンスター大学留学よりDr.Phil(哲学博士号)を受ける。

    イギリス・オックスフォード大学ジーザス・カレッジ寄託研究生となる。

    スポンサーサイト



    田中菊雄の著作

    本書『知的人生に贈る』をはじめ、先生の『現代読書法』『英語研究者のために』『私の英語遍歴』では、いずれもご自分の若いころの生の体験を非常に率直に語っておられる。
    P 17
    <備考・参照>



    座右の銘:佐藤一斎の言志四録

    田中先生を通じて知ったこの佐藤一斎の『言志四録』の言葉は、私の旧制中学、大学時代における座右の銘であった。そればかりか、今でも思い出すたびに学ぶところが多い。
    P 20
    <備考・参照>

    専門と、その過程

    プラトンは哲学科に入ったことなどないし、二十世紀で最も大きな思想的影響を与えた人物のひとりでもあるアレキシス・カレル(著書に『人間―この未知なるもの』『人生の考察』<いずれも渡部訳・三笠書房刊>がある。)も医者であったし、不確定性原理のハイゼンベルクは物理学者である。
    P 27
    <備考・参照>


    自分の体験、考察を尊ぶ

    人生の航路に立つ旅人は、常にポケットに小さな手帖を用意すること、そして心に浮かぶ感想を記入することを忘れてならない。その時にとらえておかなければ、それらは永遠に失われるものである。こうして自分の経験を尊ぶこと、真剣に生きようという考えを抱くこと、これこそ、自分が将来、大成する道である。

    P 48

    イギリス人・作家のジョン・ラボック

    英国の文人ジョン・ラボックの書いた書物に『自分を考える』(The Pleasures of Life/渡部昇一訳・解説 三笠書房)というのがある。私の愛読書のひとつである
    P 70
    <備考・参照>

    七生報国

    われわれは一生涯のうち何度も、生活の更新ということを行なっては、若返って、気分を新たにして、生きる喜びを持つようにつとめることは大事なことである。こうした生活更新のきっかけになるものはいろいろある。大きな運命の転回、たとえば、転業、転任、転宅、進級、祝賀、不幸、疾病、災禍、受難、失意等々。
    P 73

    読書時の心掛け

    経を読むときは、人生の生きた事実、自分の体験を考えあわせ読む、なにか事をなすときは、逆に聖賢の語を参考とする。これでこそ事と理がぴったりと合い、学問と日用が離れない。まずこのあたりが、読書人の心かけの中心点ともいうべきところであろう。
    P 102

    柔軟と順応

    職業の好悪も、必ずこれでなければならぬという、そんな狭い考えではいけない。もっと弾力性のある心を持たなければならない。適者生存の理を深くかみしめて、境遇に順応し、境遇を生かして、おもむろに自分を育てていかなければならない。
    P 120

    フォードの五訓

    1. 何事にも几帳面であること
    2. 他人が終わったところから出発する
    3. 知ったことは必ず行なう
    4. 自分の能力を疑わない
    5. すべての金を自分の将来のためにつぎこむ

    抜粋 P 158~163

    お金の使い方と貯蓄

    金のつかい方というものは実にむずかしいもので、この中に一切の道徳が秘められているといってよい。まずまず貯蓄を第一とすることが無難の道である。私は自分の過去をふりかえってみて切実にそれを感じているのである。
    P 167

    仕事の変化は休息と同じ

    仕事の変化は、ほんとんどまったく休息と同様の効果がある。この方法にある程度まで熟達するときは――これは熟考よりも練習によって得られるものだが――われわれはほとんど終日働きつづけることができる。
    P 194
    Amazon Prime



    title
    tag

    推薦図書 表紙 link デジタルコレクション 便利ツール YouTube 

    Ad



    プロフィール

    bookback

    Author:bookback
    1981年東京生まれ。静岡育ち。

    訪問者数