FC2ブログ
    1. » 成功はどこからやってくるのか?

    2.            

    成功はどこからやってくるのか?


    岡本吏郎 OKAMOTO Shiro  経営コンサルタント・税理士

    1961年 新潟県生まれ

    明治大学商学部卒業。
    10年間の金融機関勤務を経て独立。
    株式会社ビジネスサポートあうん代表取締役社長。
    スポンサーサイト



    マイケル・ポランニー

    マイケル・ポランニーという人は、ハンガリー出身の物理化学の学者でした。その後、哲学者としての活動に転じて、「暗黙知」という第三の知を提唱しました。彼の「暗黙知」という考え方が、その後、多くの人たちに影響を与えたことはご存じの方もいらっしゃると思います。
    P 82

    下部の次元からの脱出、そして創発を起こす勉強法

    「毎日早起きして、たんたんと勉強するだけです。それ以上でもそれ以下でもありません」

    P 88

    ストイックな準備と気楽な実行

    「冒険」は主体性を持ってしなくてはいけません。人から言われたことを鵜呑みにすのではなく自分の頭で考えるのです。更に、ストイックなほどの準備。これが重要です。成功者の共通点は、ストイックな準備と気楽な実行力です。

    P 106

    リフレーミングという肯定的な思考法

    リフレーミングはある種のセンスと図々しさがいります。とにかく、目の前で起ることがどんなに悪いことでも、どこかの側面に光を当てて、自分に良いように解釈してしまうのですから、他人が見たら屁理屈を言っているだけにしか見えません。でも、その屁理屈にはセンスが必要です。そして、恥ずかしげもなく良いように解釈してしまう図々しさも必要です。
    P 163

    一念・あるがままの現実、二念・それに対する感想や解釈

    私たちが計画を立てるにあたっては、この「二念をつがない」行為が大変重要になります。どれだけ、客観的に「あるがまま」を見るか、これがちゃんできなければ計画なんて立てられないのです。あくまでも、「見たくない現実」を見切ってから「打ち手」を考える。そういう思考が大切です。

    P 165

    スピード重視

    天皇家の行事などをつかさどる大和古流では、「即断・即決・速攻」が秘中の秘の家訓とされているくらいです。スピードは私たちが考えている以上に大事なようです。でも、これがやっぱり理屈だけ。スピードを重視している人は案外少ないものです。
    P 180
    Amazon Prime



    title
    tag

    推薦図書 表紙 link デジタルコレクション 便利ツール YouTube 

    Ad



    プロフィール

    bookback

    Author:bookback
    1981年東京生まれ。静岡育ち。

    訪問者数