FC2ブログ
    1. » お金の学校

    2.            

    お金の学校


    前田和彦 Maeda Kazuhiko   プライベート・バンカー
    京都府出身
    京都大学法学部卒業。
    日本長期信用銀行入社。

    1998年 スイス最大のプライベート・バンクであるUBSに出向、のち転職。

    有限会社アーノス・グローブを設立し、プライベート・バンキング・サービスを提供。
    スポンサーサイト



    失敗することも計算に入れて置くことが前提

    よく投資に失敗した人の話を耳にしますが、投資で失敗するのはよくあることです。というか、そもそも投資とはリスクを取ることであり、失敗することは当然計算に入れて行なうものです。

    P 39

    長期投資に幻想を抱かない

    一般に、時間軸が長ければ長いほど、投資収益に対する不確実性は高まります。その意味においても、長期や超長期投資のリスクがいまほど高い時期はありません。超長期で保有すればいずれは大化けするはずだという甘い投資幻想を抱かないことが、資産の目減りを防ぐ「基本の“き”」なのです。

    P 47

    著名な投資家と一般投資家の違い

    そもそも著名な投資家たちにとって、相場商品に資金を投ずるのは投資のほんの一部分にすぎません。むしろ彼らが本業とする投資は、将来成長するであろう会社の株式を買って大株主になり、事業提案を行なって企業の成長に一役買い、企業の投資収益を上げることです。

    P 48

    澤上篤人氏のさわかみファンド

    運用責任者が個性的な考え方を持ち、そのオリジナリティーで運用していると評価できるのは、澤上篤人氏が始めた“さわかみファンド”くらいのものではないでしょうか。割安と判断できる日本株に長期投資を行っている同ファンドは、経済の大きなうねりを先取りするという一貫した投資方針で運用され、安定的な成果を上げています。

    P 57

    物事の前提と本質を考察する

    つまり、給料が増えないのは仕方無い、だから投資で少しでも稼ぎましょうというのは本質的な問題の解決にはならないということです。

    物事は本質を問わないと前に進みません。この場合、「長時間労働なのに給与が上がらない」ということを当たり前の前提として考えるのではなく、どうしたら「長時間労働なのに給与が上がらない」状況を変えられるかをもっと真剣に考えるべきなのです。

    P 59

    米ドルMMFの利用

    円をドルに換える場合はいつも私がお勧めしているように、米ドルMMFを利用して下さい。外貨預金は手数料も高く銀行を儲けさせるだけなので駄目です。ネット証券口座を持てば、米ドルMMFの購入は実に簡単です。

    P 196
    Amazon Prime



    title
    tag

    推薦図書 表紙 link デジタルコレクション 便利ツール YouTube 

    Ad



    プロフィール

    bookback

    Author:bookback
    1981年東京生まれ。静岡育ち。

    訪問者数