FC2ブログ
    1. » ライフワークの思想
    2. » 全てを言わずに、敢えて残す

    3.            

    全てを言わずに、敢えて残す

    菊池寛は“みんなすっかりわかるように話した”と誇った友人に向かって“それはいけない、どこか一、二ヶ所はわからぬところを残しておかなければ……”と忠告したという。芭蕉は“言いおおせて何かある”といっている。全部いいつくしたらおしまい、ということだ。あえていわずに伏せておく。それが人の注意を引くのである。

    P 219
    関連記事

    Trackback

    Trackback URL

    http://bookback.blog100.fc2.com/tb.php/1112-c0292abb

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Page Top

    Amazon Prime



    title
    tag

    推薦図書 表紙 link デジタルコレクション 便利ツール YouTube 

    Ad



    プロフィール

    bookback

    Author:bookback
    1981年東京生まれ。静岡育ち。

    訪問者数