FC2ブログ
    1. » 何を書くか、どう書くか
    2. » マーケット・リサーチ:読み手の性格を考え、引用文を用いる方法

    3.            

    マーケット・リサーチ:読み手の性格を考え、引用文を用いる方法

    読み手が感激屋さんや学究肌のときは、東西の古今の名セリフの中から、調子のよいものを選んで、クライマックスに「誰それいわく」として出す。

    学究肌の人ならマックス・ウェーバーとか、産業連関表で有名な経済学者レオンチェフ、日本人では柳田国男や和辻哲郎に弱いだろうし、感激屋さんならチャーチル、孟子、太宰治、徳川家康でもピッタリの文句が見つかろう、という具合に、読み手をよく考えて、作戦を立てるわけである。

    P 55
    関連記事

    Trackback

    Trackback URL

    http://bookback.blog100.fc2.com/tb.php/1454-9ec46eff

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Page Top

    Amazon Prime



    title
    tag

    推薦図書 表紙 link デジタルコレクション 便利ツール YouTube 

    Ad



    プロフィール

    bookback

    Author:bookback
    1981年東京生まれ。静岡育ち。

    訪問者数