FC2ブログ
    1. » 何を書くか、どう書くか
    2. » 休息のためのRR法(Relaxation Response):ハーバード大学のハーバート・ベンソン博士が考案したストレス解消法

    3.            

    休息のためのRR法(Relaxation Response):ハーバード大学のハーバート・ベンソン博士が考案したストレス解消法

    やり方は五段階に分かれ、誰にでも簡単にできる。
    1. 静かなところで、楽に座る。
    2. 眼をつぶる。
    3. 筋肉をリラックスさせる(これは、指先、足先からはじめて、全身の筋肉を緊張させて、身体を硬直状態にしてから自然に力を抜くようにするとよい)。
    4. 吸う息と吐く息に注意を集中する(呼吸は、やや深呼吸のようになる)。
    5. 雑念を忘れて、心を平静にする(ベンソン博士は、簡単な、たとえば「ひとーつ」といった語を、小さい声で繰り返せば、そういう状態になりやすい、とすすめている)。
    以上を、文章を書く前や、頭が疲れて来たとき、あるいは緊張しすぎて神経がイラだつときに実行すればよい。ベンソン博士は、これを1日に2回、10分から20分やれば、効果があると言っている。実験の結果、血液中の乳酸が減少し、かつアルファ脳波が増加する、のだそうである。

    P 99
    関連記事

    Trackback

    Trackback URL

    http://bookback.blog100.fc2.com/tb.php/1461-82a4d72f

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Page Top

    Amazon Prime



    title
    tag

    推薦図書 表紙 link デジタルコレクション 便利ツール YouTube 

    Ad



    プロフィール

    bookback

    Author:bookback
    1981年東京生まれ。静岡育ち。

    訪問者数