FC2ブログ
    1. » 稼ぐ超思考法
    2. » 思考の近道選びの誤り:「代表性」「利用可能性」「係留効果」

    3.            

    思考の近道選びの誤り:「代表性」「利用可能性」「係留効果」

    その「近道選び」について研究し、ノーベル賞を受賞したのがタニエル・カーネンとエイモス・トヴァースキーです。
    彼らは、近道を選ぶことで人間の行動が大きく誤ることを証明しました。そして、人間の代表的な「近道選び」として、

    「代表性」
    「利用可能性」
    「係留効果」

    をあげています。

    P 191
    関連記事

    Trackback

    Trackback URL

    http://bookback.blog100.fc2.com/tb.php/1557-934587c9

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Page Top

    Amazon Prime



    title
    tag

    推薦図書 表紙 link デジタルコレクション 便利ツール YouTube 

    Ad



    プロフィール

    bookback

    Author:bookback
    1981年東京生まれ。静岡育ち。

    訪問者数