FC2ブログ
    1. » 人間通でなければ生きられない
    2. » 大宅壮一からの教訓:語るべき時に語り、語らざるべき時に沈黙することが人間には必要である。

    3.            

    大宅壮一からの教訓:語るべき時に語り、語らざるべき時に沈黙することが人間には必要である。

    つまり、自分の一番のとって置きの能力を発揮するためには、そのことができない時期にはあれこれ逆わず、深く沈黙し、力を貯えることが肝要であるということだ。
    大宅壮一は実質上、戦前から戦後にかけての何年間かを、開店休業の状態で過ごしている。表面上は、無為無策の日々に見えるが、人間、絶えず時めいているわけにはいかない。むしろそうした沈黙の時期を、いかに見定めるかも処世の知恵。

    P 96
    関連記事

    Trackback

    Trackback URL

    http://bookback.blog100.fc2.com/tb.php/1575-c977f3e4

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Page Top

    Amazon Prime



    title
    tag

    推薦図書 表紙 link デジタルコレクション 便利ツール YouTube 

    Ad



    プロフィール

    bookback

    Author:bookback
    1981年東京生まれ。静岡育ち。

    訪問者数