FC2ブログ
    1. » 人間通でなければ生きられない
    2. » 伊藤仁斎『童子問』:人生のあらゆる課題に適応する内容

    3.            

    伊藤仁斎『童子問』:人生のあらゆる課題に適応する内容

    最低限の基本姿勢を決めるのに役立てるという観点に立って振返ってみるなら、私は江戸時代の儒学者、伊藤仁斎(1627~1705)の著した『童子問』という本が、改めて役立つのではないかと思う。つまり、人生のあらゆる課題について、充分に適応できるような普遍的な内容を持った、今読み返す価値が充分ある書物だと思うのだ。

    P 196
    <備考・参照>


    【近代デジタルライブラリー】
    伊藤仁斎『童子問 巻之上』
    関連記事

    Trackback

    Trackback URL

    http://bookback.blog100.fc2.com/tb.php/1579-6f2f02ef

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Page Top

    Amazon Prime



    title
    tag

    推薦図書 表紙 link デジタルコレクション 便利ツール YouTube 

    Ad



    プロフィール

    bookback

    Author:bookback
    1981年東京生まれ。静岡育ち。

    訪問者数