FC2ブログ
    1. » 明治のサムライ
    2. » 新渡戸稲造の教育方針

    3.            

    新渡戸稲造の教育方針

    また課外講義、特別講義として、セイヤーの『アブラハム・リンカーン伝』を解説し、カーライルの『クロムエル伝』、『フランス革命』を説いたが、中でも若き日にもっとも愛読したカーライルの『衣裳哲学』、さらにカーライルが師と仰いだゲーテの『ファウスト』を論じた。とくに繰り返し説いたフレーズは、「謙虚な心をもって教養を積み、修養に努めるべきである」であった。

    P 142
    関連記事

    Trackback

    Trackback URL

    http://bookback.blog100.fc2.com/tb.php/1626-210ccba2

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Page Top

    Amazon Prime



    title
    tag

    推薦図書 表紙 link デジタルコレクション 便利ツール YouTube 

    Ad



    プロフィール

    bookback

    Author:bookback
    1981年東京生まれ。静岡育ち。

    訪問者数