FC2ブログ
    1. » 新しい時代を切り拓く賢者の知恵
    2. » イギリスの経済学者トマス・ロバート・マルサス『人口論』

    3.            

    イギリスの経済学者トマス・ロバート・マルサス『人口論』

    イギリスの経済学者トマス・ロバート・マルサスは『人口論』(1798年)の中で、人口は幾何級数的に増加し、生活資料(人間が生きていくために必要な食料や医療などの生活物資)は算術級数的に増加するから、人口はつねに生活資料の水準を超えて増加する。その結果、「必然的に不均衡が生じる」と予言しました。

    P 99
    <備考・参照>
    【Project Gutenberg】
    An Essay on the Principle of Population by T. R. Malthus





    関連記事

    Trackback

    Trackback URL

    http://bookback.blog100.fc2.com/tb.php/1632-80a95662

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Page Top

    Amazon Prime



    title
    tag

    推薦図書 表紙 link デジタルコレクション 便利ツール YouTube 

    Ad



    プロフィール

    bookback

    Author:bookback
    1981年東京生まれ。静岡育ち。

    訪問者数