FC2ブログ
    1. » デール・カーネギーに学ぶ7つの生きる力
    2. » 北条早雲:早雲寺殿廿一箇条

    3.            

    北条早雲:早雲寺殿廿一箇条

    一代目の北条早雲が子孫に伝えた生活規範にあるとされている。その規範は、“早雲寺殿廿一箇条”という家訓である。そこには、早寝早起き、挨拶・返事、後始末、質素倹約、嘘をつかぬ、他人への謙虚な至誠など、誠実に生きるための21項目の基本的な習慣が列挙されている。

    P 221
    <備考・参照>

    一、可信佛神事
    二、朝早可起事
    三、夕早可寝事
    四、手水事
    五、拝事
    六、刀衣裳事
    七、結髪事
    八、出仕事
    九、受上意時事
    十、不可爲雑談虚笑事
    十一、諸事可任人事
    十二、讀書事
    十三、宿老祗候時禮義事
    十四、不可申虚言事
    十五、可学歌道事
    十六、乗馬事
    十七、可撰朋友事
    十八、可修理四壁垣牆事
    十九、門事
    二十、火事用事
    二十一、文武弓馬道事


    読み下し文(一部抜粋)
    一 第一、仏神を信じ申べき事。 (第一条)

    一 朝はいかにもはやく起べし、遅く起ぬれば、召仕ふ者まで由断し、つかはれず、公私の用を欠くなり、はたしては、必ず主君に見限られ申べしと、深く慎むべし。 (第二条)

    一 拝みをする事、身のおこなひ也、只こころを直にやはらかに持、正直憲法にして、上たるをば敬ひ、下たるをば憐み、有るをば有るとし、無きをば無きとし、有りのままなる心持、仏意冥慮にもかなふと見えたり、たとひ祈らずとも、此心持あらば、神明の加護有之べし、祈るとも心曲らば、天道に放され申さんと慎むべし。 (第五条)

    一 刀、衣裳、人のごとく結搆に有べしと思うべからず、見苦しくなくばと心得て、無き物をかり求め、無力重なりなば、他人の嘲成べし。 (第六条)

    一 出仕の時御前へ参るべからず、御次に祗候して、諸傍輩の躰見つくろい、さて御とをりへ罷出べし、左樣になければ、むなつく事有べきなり。 (第八条)

    一 少しの隙あらば、物の本をみ、文字のある物を懐に入、常に人目を忍び見えし、寝てもさめても手馴ざれば、文字忘るるなり、書こと又同事。 (第十二条)

    一 上下万民に対し、一言半句にても虚言を申べからず、かりそめにも有のままたるべし、そらこと言つくればくせになりて、せせらるる也、人にやがて見かぎらるべし、人に糺され申ては、一期の恥と心得べきなり。 (第十四条)

    一 歌道なき人は、無手に賤き事なり、学ぶべし、常の出言に慎み有べし、一言にても人の胸中しらるる者也。 (第十五条)

    一 すきありて宿に帰らば、厩面より裏へまはり、四壁・垣根・犬のくぐり所をふさぎ拵さすべし、下女つたなきものは、軒を抜て焼、当座の事をあがなひ、後の事を知らず、万事かくのごとく有べきと、深く心得べし。 (第十八条)

    一 夕べは六ツ時に門をはたとたて、人の出入により、あけさすべし、左樣になくしては、未断に有て、かならず悪事出来すべき也。 (第十九条)

    一 文武弓馬の道は常なり、記すに及ばず、文を左にし、武を右にするは古の法、兼て備へずんば有べからず。 (第二十一条)
    小田原市・早雲寺殿廿一箇条
    関連記事

    Trackback

    Trackback URL

    http://bookback.blog100.fc2.com/tb.php/1763-298bd9b1

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Page Top

    Amazon Prime



    title
    tag

    推薦図書 表紙 link デジタルコレクション 便利ツール YouTube 

    Ad



    プロフィール

    bookback

    Author:bookback
    1981年東京生まれ。静岡育ち。

    訪問者数