FC2ブログ
    1. » 禅 鈴木大拙
    2. » 真実と悟りの生を生きるには知性の重荷を捨てる

    3.            

    真実と悟りの生を生きるには知性の重荷を捨てる

    心は普通さまざまの知性の戯言や感情のがらくたでいっぱいである。これらはもちろん、われわれの日常生活においてそれぞれに役に立つ。それを否定するのではない。しかし、われわれが悲惨な思いをしたり、束縛の感に呻いたりせねばならぬのは、主としてそれらの累積のためである。

    P 64
    関連記事

    Trackback

    Trackback URL

    http://bookback.blog100.fc2.com/tb.php/1899-6b7a25ee

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Page Top

    Amazon Prime



    title
    tag

    推薦図書 表紙 link デジタルコレクション 便利ツール YouTube 

    Ad



    プロフィール

    bookback

    Author:bookback
    1981年東京生まれ。静岡育ち。

    訪問者数