FC2ブログ
    1. » 禅 鈴木大拙
    2. » 愛と生命

    3.            

    愛と生命

    実際、われわれは、個人としてのみでははく、国際的にもまた民族的にも、おたがいの破滅のためにいよいよ力をつくそうとしているかのごとくである。
    今日、われわれの考え得る、そして、その実現をねがうさまざまの精神的価値のうち、何よりも切望せられるものは“愛”である。
    生命を創造するのは愛である。愛なくしては、生命はおのれを保持することができない。

    P 195
    関連記事

    Trackback

    Trackback URL

    http://bookback.blog100.fc2.com/tb.php/1908-647abf79

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Page Top

    Amazon Prime



    title
    tag

    推薦図書 表紙 link デジタルコレクション 便利ツール YouTube 

    Ad



    プロフィール

    bookback

    Author:bookback
    1981年東京生まれ。静岡育ち。

    訪問者数