FC2ブログ
    1. » 大野耐一 工人たちの武士道
    2. » 合理的な、力学の世界:戦争とスポーツ

    3.            

    合理的な、力学の世界:戦争とスポーツ

    日本人はこの分野に精神論をもち込むのが好きなのだが、戦争もスポーツも、実はきわめて合理的な、力学の世界である。
    力によってものが動き、移動し、衝突する。力は質量と加速度の積であり、速度は加速度と時間の積であり、移動距離は速度と時間の積である。作用にはは反作用があり、運動には摩擦があり、慣性力が作用する。衝突すれば運動エネルギーは破壊のエネルギーに転換する。どんな精神論も、このニュートン力学を逸脱することはできない。

    P 122
    関連記事

    Trackback

    Trackback URL

    http://bookback.blog100.fc2.com/tb.php/1940-3f798aa0

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Page Top

    Amazon Prime



    title
    tag

    推薦図書 表紙 link デジタルコレクション 便利ツール YouTube 

    Ad



    プロフィール

    bookback

    Author:bookback
    1981年東京生まれ。静岡育ち。

    訪問者数