FC2ブログ
    1. » 行とは何か
    2. » 比叡山の神宮寺(跡):最澄生誕ゆかりの地

    3.            

    比叡山の神宮寺(跡):最澄生誕ゆかりの地

    今は小さな祠があるだけのちょっとした山中の平地である。日吉大社の神域に入ったのだ。大宮川の渓流の音が聞こえる。
    ここは最澄生誕ゆかりの地である。父三津首百枝(みつのおびとももえ)が子授けを祈願するため山に分け入り、草庵を結んで籠もった場所といわれる。その甲斐あって生まれたが最澄である。のち彼自身がこの地に十一面観音を祀り、はじめは新宮禅院と称し、発展して神宮寺となった。

    P 133
    関連記事

    Trackback

    Trackback URL

    http://bookback.blog100.fc2.com/tb.php/1977-56c27322

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Page Top

    Amazon Prime



    title
    tag

    推薦図書 表紙 link デジタルコレクション 便利ツール YouTube 

    Ad



    プロフィール

    bookback

    Author:bookback
    1981年東京生まれ。静岡育ち。

    訪問者数