FC2ブログ
    1. » MEDIA MAKERS
    2. » コントロールの範囲と編集の負う責任

    3.            

    コントロールの範囲と編集の負う責任

    自社が意思を持って編集しようとしている「コントロール範囲」を事前に読者やユーザーに対して明確にしておくことは重要です。なぜならば、それがすなわち編集の負う「責任」範囲になるからです。自分がメディア編集者として、何をコントロールして、何をコントロールしていないのか、についての自覚は、プロとして必須の基本態度です。これは紙だけでなく、ネットにも100%当てはまる原則です。

    P 81
    関連記事

    Trackback

    Trackback URL

    http://bookback.blog100.fc2.com/tb.php/2015-c95112a0

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Page Top

    Amazon Prime



    title
    tag

    推薦図書 表紙 link デジタルコレクション 便利ツール YouTube 

    Ad



    プロフィール

    bookback

    Author:bookback
    1981年東京生まれ。静岡育ち。

    訪問者数