FC2ブログ
    1. » マルチメディアと著作権
    2. » プラーゲ旋風とは

    3.            

    プラーゲ旋風とは

    昭和6(1931)年に突如ドイツ人ヴィルヘルム・プラーゲ(Wilhelm Plage)という人物が現れ、ヨーロッパ(イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、オーストリア)の著作権管理団体の代理人として、無断利用者を相手に差止や損害賠償を求め、かつ刑事告訴も行った。そのために、わが国の音楽界は大混乱に陥り、放送(当時は日本放送協会のみが存在していた)から洋楽が消え、オペラの公演は中止になり、関係者は警察で取調べを受けた。これが世に言う「プラーゲ旋風」である。

    P 65
    関連記事

    Trackback

    Trackback URL

    http://bookback.blog100.fc2.com/tb.php/2040-35e0de72

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Page Top

    Amazon Prime



    title
    tag

    推薦図書 表紙 link デジタルコレクション 便利ツール YouTube 

    Ad



    プロフィール

    bookback

    Author:bookback
    1981年東京生まれ。静岡育ち。

    訪問者数