FC2ブログ
    1. » 自動車の社会的費用
    2. » 自動車の社会的費用と新古典派経済学の問題点:前提となる理論的フレームワーク

    3.            

    自動車の社会的費用と新古典派経済学の問題点:前提となる理論的フレームワーク

    新古典派の理論は、厳密に純粋な意味における分権的市場経済制度にのみ適用され、そこでは生産手段の私有制が基本的な前提条件となっているということである。したがって、自動車の問題を考えるときにまず取り上げられるべき道路という社会的な資源については、その役割を十分に解明しえないような理論的フレームワークをもっている。

    P 17
    関連記事

    Trackback

    Trackback URL

    http://bookback.blog100.fc2.com/tb.php/2082-beb755f3

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Page Top

    Amazon Prime



    title
    tag

    推薦図書 表紙 link デジタルコレクション 便利ツール YouTube 

    Ad



    プロフィール

    bookback

    Author:bookback
    1981年東京生まれ。静岡育ち。

    訪問者数