FC2ブログ
    1. » 自動車の社会的費用
    2. » 自動車と大気汚染

    3.            

    自動車と大気汚染

    大気汚染の問題はとくに1960年代を通じて深刻なものとなってきたが、1970年、大気清浄法の改正がなされた。自動車排気ガスにつてい、一酸化炭素と炭化水素とは1975年から、また窒素酸化物は1976年から、それぞれ1970年型の自動車が排出する量の10%以下に規則しようというものである。この法律は、提案者エドモンド・マスキー上院議員に因んでマスキー法と呼ばれているが、自動車排気ガスによる大気汚染がいかに市民の生活に被害を与えてきたかということを如実に示すものである。

    P 43
    関連記事

    Trackback

    Trackback URL

    http://bookback.blog100.fc2.com/tb.php/2085-148d1815

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Page Top

    Amazon Prime



    title
    tag

    推薦図書 表紙 link デジタルコレクション 便利ツール YouTube 

    Ad



    プロフィール

    bookback

    Author:bookback
    1981年東京生まれ。静岡育ち。

    訪問者数